キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
cancel
告知

JTAC-Mid-Career-Recruitment-2021.3

 AMATopBanner2021.4.23.JPG

 2021Apr.TopBanner.JPG

FAQ

 

アナログ E&M インタフェースの状態確認

267
閲覧回数
5
いいね!
0
コメント

 

はじめに

アナログE&Mインタフェースは、VoiceGWにレガシーPBX装置を

接続する際によく使用されるインタフェースです。

コール接続等に関する不具合が発生した場合、show voice port summary、

Show voice call summary等のコマンドを使用すれば、インタフェースの

状態を把握でき、トラブルシューティングの手助けになります。

ここでは、show voice port summay、show voice call summaryコマンド

により、コールの各段階でインタフェースの状態が、どの様に遷移するかを

見ていきます。

 

1.E&M インタフェースからの発信の場合

  E&M インタフェース(Winkスタート方式)からの発信の状態遷移は以下の通りです。

 

EM1.JPG

 

(1)アイドル(オンフック)

EM1-1.png

(2)ダイヤル中(オフフック)

EM1-2.png

(3)ダイヤル完了(呼び出し中)

EM1-3.png

(4)相手側応答(接続中)

EM1-4.png

(5)相手側切断

EM1-5.png

(6)自側切断(オンフック)

 EM1-6.png

2.E&M インタフェースへの着信の場合

  E&M インタフェース(Winkスタート方式)への着信の状態遷移は以下の通りです。

 

 EM2.JPG

(1)アイドル(オンフック)

EM2-1.png

(2)着信中

EM2-2.png

(3)自側応答(接続中)

EM2-3.png

(4)相手側切断

EM2-4.png

(5)自側切断(オンフック)

 EM2-5.png

 

備考:E&Mインタフェースでは、シグナリング方式としてWink Start方式と

   Immediate Start方式があります。

  (Delay Start 方式もありますが、国内ではTTCで標準化が行われて

   いないため使用されません。)

   上記の表示例は、Winkスタート方式のものですが、Immediateスタート方式

   でも同様の状態遷移になります。

   show voice port summary の SIG-TYPE の表示が、
   Winkスタート方式の場合は ”e&m-wnk”、

   Immediateスタート方式の場合は ”e&m-imd” になります。

 

まとめ

show voice port summary、show voice call summaryコマンドを利用すれば

E&Mインタフェースの状態遷移を確認できます。

コール発着信の不具合が発生した場合、Voice GWのdebugコマンド
(debug voip ccapi inout、debug voip vtsp all、debug vpm signal等)と

併用して調査を行います。