キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
cancel
告知

JTAC-Mid-Career-Recruitment-2021.3

 AMATopBanner2021.4.23.JPG

 2021Apr.TopBanner.JPG

FAQ

 

アナログ FXS インタフェースの debug の見方

355
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント

 

はじめに

アナログFXSインタフェースは、Voice GWにアナログ電話機、

G3 FAX装置等を接続する際によく使用されます。

コール接続に関する不具合が発生した場合、debug コマンド等を用いて

原因を調査する必要があります。

ここでは、Telephony Interface Architectureのコンポーネントの一つである

VPM(Voice Processor Module)の debug メッセージを見ていきます。

1.VPMのdebugメッセージの見方

VPMは、E&M/FXS等のインタフェースからのシグナリングを

処理するモジュールです。

Debug (debug vpm signal)メッセージには、DSPからの

オンフック、オフフック等のシグナル、Voiceポートの状態変化が

出力されます。

Telephony2.JPG

VPM debugの主要なメッセージは以下のフォーマットで出力されます。

format-1.png

2.VPMの debug メッセージの表示例

FXSインタフェースの発着信でのdebugメッセージの表示例を以下に示します。

(1)FXSポートからの発信の場合 

 

vpm-fxs-1.png

debug vpm signal の出力例

vpm-debug-1.png

 

(2)FXSポートへの着信の場合

 vpm-fxs-2.png

debug vpm signal の出力例

vpm-debug-2.png

まとめ

VPMのdebugメッセージにより、Voiceポートの発着信のシーケンスを

把握できます。

コール発着信の不具合が発生した場合、他のdebug コマンド
(debug voip ccapi inout、debug voip vtsp all、各種VoIP debug 等)

と併用して調査を行います。