キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
cancel
告知

JTAC-Mid-Career-Recruitment-2021.3

 AMATopBanner2021.4.JPG

 2021Apr.TopBanner.JPG

FAQ

 

アナログ FXS インターフェースでの発信者番号表示機能について(設定方法)

198
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント

 

はじめに

発信者番号表示(Caller ID)機能は、電話着信時にかけてきた相手の情報を表示する電話のサービスで、
デジタル(ISDN)、アナログ(PSTN)、VoIP等の回線で利用できます。
本ドキュメントでは、アナログ電話インタフェース(FXS)で発信者番号を表示する際の設定方法について
解説します。

1.発信者番号表示(Caller ID)機能について

発信者番号表示のサービス名称、情報伝送方式は、国(プロバイダ)によって異なります。
国内でNTTの提供するナンバーディスプレイ方式は、他の国(プロバイダ)の方式とは
互換性がありません。

CallerID-Config1.JPG

Cisco 社の Voice GW、ATA191 の等の FXS インタフェースでは、海外仕様の FSK、DTMF 方式を
サポートします。発信者番号表示機能を利用したい場合は、海外仕様のアナログ電話機を
購入する必要があります。

 

2.Voice GW の設定

発信者番号表示機能は、Voice GW の CLI で voice port に設定します。

"caller id enable" コマンドで発信者番号機能を有効にして、伝送方式(Mode)を
設定します。

VG204XM-1(config-voiceport)#voice-port 0/0
VG204XM-1(config-voiceport)#caller-id ?
alerting Define caller id alerting method
attenuation Configure caller id tx attenuation
block Block the caller id of the calls made from this port
enable Enable caller id on this port
format Change caller id format
mode Custom mode if different from cptone

VG204XM-1(config-voiceport)#caller-id mode ?
BT FSK with DTAS used by British Telecom
DTMF DTMF digits with start and end digit code
FSK FSK Before or During ring.

VG204XM-1(config-voiceport)#caller-id enable type ?
1 type 1 (caller id before connect)
2 type 2 (caller id after connect)

 

個々の voice port毎に、そのポートに接続される電話機の発信者番号、発信者名を設定します。

VG204XM-1#sh run

   :

voice-port 0/0

 timeouts interdigit 4

 station-id name Toda

 station-id number 7777

 caller-id enable

!

voice-port 0/1

 timeouts interdigit 4

 station-id name Honda

 station-id number 8888

 caller-id enable

    :


3.ATA191の設定

CUCM の GUI の設定で、Caller ID の方式を選択します。

CallerID-Config2.JPG


まとめ

発信者番号表示の方式は、国(プロバイダ)によって異なります。
Cisco 社の装置でも、互換性のある海外仕様の電話機を調達すれば発信者番号表示機能を
利用できます。上記のドキュメントを参考に設定を行ってみてください。


(参考情報)

WIKIPEDIA:Caller ID
Cisco IOS Voice Command Reference How to Solve Cisco Caller ID not working 

技術参考資料:電話サービスのインタフェース 

Kindle書籍:VoIP Voice and Fax Signal Processing (Sivannarayana Nagireddi, PhD)