キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
cancel
告知

JTAC-Mid-Career-Recruitment-2021.3

 AMATopBanner2021.4.23.JPG

 2021Apr.TopBanner.JPG

FAQ

 

フリーダイヤルにて話中時迂回や、話中時ガイダンス機能を使用する方法

607
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント

 

はじめに

フリーダイヤルにて話中時迂回や、話中時ガイダンス等の機能を使用する場合、Voice GW からの切断信号(DISC、REL、RELCOMP)の理由表示とともに、生成源がローカルユーザ私設網になっている必要があります。このドキュメントでは、生成源について Voice GW の対応方法を説明します。

 

構成.jpg 

 

1. フリーダイヤル オプションサービスについて

切断信号(DISC、REL、RELCOMP)の理由表示とともに、生成源がローカルユーザ私設網になっている必要があるサービスの例が以下となります。

 

話中時迂回.jpg

NTT Communications(フリーダイヤル オプションサービス:話中時迂回)からの引用

 

話中時ガイダンス.jpg

NTT Communications(フリーダイヤル オプションサービス:話中時ガイダンス)からの引用

 

 

2. ISDN Q.931 理由表示の使用方法及び生成源について

ISDN Q.931 理由表示の使用方法及び生成源を示します。

 

理由表示の使用方法及び生成源.jpg

NTT 技術参考資料
INSネットサービスのインタフェース第3分冊(レイヤ3回線交換編)
9.理由表示の使用方法及び生成源 からの引用

 

参考ドキュメント

NTT 技術参考資料

INSネットサービスのインタフェース第3分冊(レイヤ3回線交換編)

 

 

3. Voice GW の対応方法

MGCP GW(PRI Backhaul) の場合は、H.323プロトコルに変更し、以下のコマンドにて生成源をローカルユーザ私設網に設定してください。

 

router(config)# interface Serial0/1/0:23
router(config-if)# isdn cause-location 1

 

なお、ISR4000 では、以下の問題が修正されたバージョン以降を使用する必要があります。

CSCua57391 isdn cause-location command support for switch-type primary-ntt

CSCvp70443 isdn cause-location command support for switch-type primary-ntt