キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
cancel
告知

 TopBanner_Jan.2021_AMA.JPG

 TopBanner_2021.2_ver.7.JPG

 

FAQ

 

IM&P における証明書の再作成と、それに伴うサービスの再起動

753
閲覧回数
5
いいね!
0
コメント

 

概要

IM&P (Cisco Unified IM and Presence) 上で、証明書の再作成を行う際の手順と、再作成後に必要なサービスの再起動について紹介します。

 

 

証明書の再作成手順

証明書が期限切れの場合は、証明書を再作成してください。証明書ごとに必要なサービスを再起動する必要があるため、営業時間外に実施することを推奨します。

 

Web GUI での再作成

  1. Cisco Unified IM and Presence OS Administration から、Security > Certificate Management を選択します。
    Screen Shot 2018-07-17 at 11.31.09.png

  2. Find を選択すると、証明書の一覧が表示されます。
    Screen Shot 2018-07-17 at 11.31.40.png

  3. ページを右端にスクロールすると、Expiration (期限) が確認できます。
    Screen Shot 2018-07-17 at 11.38.18.png

  4. 期限切れの証明書を選択し、Regenerate を実行します。
    Screen Shot 2018-07-17 at 11.32.21.png



CLI での再作成

IM&P にコマンドラインでアクセスし、以下のコマンドを実行します。

set cert regen <証明書名>

<例> cup の証明書を再作成する場合は、以下のようになります。

set cert regen cup

 


証明書再作成後に必要なサービスの再起動

証明書を再作成したら、サービスの再起動が必要です。

再起動が必要なサービスは、再作成した証明書によって異なります。

証明書と再起動が必要なサービスの組み合わせは、以下の表を参照してください。

 

証明書 サービスの再起動 方法
cup
  • Cisco SIP Proxy service
  • Cisco Presence Engine service
Web GUI にて、IM&P Serviceability > Tools > Control Center - Feature Services > サーバを選択 > Cisco SIP Proxy を選択し再起動 / Cisco Presence Engine を選択し再起動
cup-xmpp
  • Cisco XCP Router service
Web GUI にて、IM&P Serviceability > Tools > Control Center - Network Services > サーバを選択 > Cisco XCP Router を選択し再起動
cup-xmpp-s2s
  • Cisco XCP Router service
Web GUI にて、IM&P Serviceability > Tools > Control Center - Network Services > サーバを選択 > Cisco XCP Router を選択し再起動
tomcat
  • Cisco Tomcat

 CLI で以下のコマンドを実行。

utils service restart Cisco Tomcat
ipsec
  • Cisco DRF Local (全 IM&P サーバで実施)
  • Cisco DRF Master (IM&P Publisher 上で実施)

CLI で以下のコマンドを実行。

  • Cisco DRF Local の場合
utils service restart Cisco DRF Local
  • Cisco DRF Master の場合
utils service restart Cisco DRF Master
 
 
 
 

参考ドキュメント

CUCM 証明書の再生成/更新プロセス