キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
cancel
Shuhei Mentani
Cisco Employee
Cisco Employee

  • はじめに

 本ドキュメントでは、Unified CM の CDR の生成や取得において何らかの問題が発生した際の解決手順について説明します。
CDR は複数のサービスが連携しており、問題がどのサービスによって引き起こされているかを特定し、該当のサービスを Restart することで、多くの問題を解決することが可能です。しかしながら、特定するためにはログの調査を行った上で、Cisco TAC へお問い合わせが必要な場合が多くあります。

 CDR が取得できない問題が発生し、復旧が優先される場合に、パートナー様やお客様自身で対応が可能となることを目的としておりますので、参考にして下さい。なお、他のサービスへの影響はありませんが、サービスの Restart 伴うため営業時間外などコールの少ない時間帯に実施して下さい。

(CDR とは何か?については CDR(呼詳細レコード)について を参照して下さい。)

 

  • 手順

 WebUI での操作については全て Unified CM の Publisher にログインして実施して下さい。

1. Publisher で CDR の CAR DB への Load を停止

CDR Analysis and Reporting > System > Scheduler > CDR Load

01Serviceability.png02CDR.png
 [Disable Loader] にチェックを入れ、Update を押す

03CDR_Load.png

(*) 本設定変更を即時反映するためには、Cisco CAR Scheduler の Restart が必要ですが、下記 4 で実施するため個々では不要です。

(*) 6 で本画面の他のパラメータを元の設定に戻すため、画面キャプチャを取得しておいて下さい。

 

2. CallManager サービスが起動している全ノードで CDR データの生成を停止

Cisco Unified CM の管理 > システム > サービスパラメータ

CUCMAdmin.png

 Server:Cisco CallManager サービスが起動しているノードを選択 (*1)

  Service:Cisco CallManager を選択

ServiceParam01.png   [CDR Enabled Flag] を True から False に変更して保存する

ServiceParam02.png(*1) で CallManager サービスが起動しているノードを順番に選択し、全ノードで False に設定します。

 

3. CallManager サービスが起動している全ノードで Cisco CDR Agent サービスのリスタート

Cisco Unified サービスアビリティ > Tools > Control Center-Network Service

 Server:Cisco CallManager サービスが起動しているノードを選択 (*2) 

  [Cisco CDR Agent] にチェックを入れ、Restart を押す

(*2) で CallManager サービスが起動しているノードを順番に選択し、全ノードで Restart します

 

4. Publisher で CDR 関連のサービスをリスタートする

Cisco Unified サービスアビリティ > Tools > Control Center-Network Service

 Server:Publisher を選択
  [Cisco CDR Repository Manager] にチェックを入れ、Restart を押す
  [Cisco CDR Agent] にチェックを入れ、Restart を押す
  [Cisco CAR Scheduler] にチェックを入れ、Restart を押す
  [Cisco SOAP - CallRecord Service] にチェックを入れ、Restart を押す (使用している場合)
OS Admin CLI に SSH でログインする (CAR DB は WebUI で Restart 不可のため)
  utils service stop Cisco CAR DB
  utils service start Cisco CAR DB

Cisco Unified サービスアビリティ > Tools > Control Center-Feature Service
 Server:Publisher を選択
  [Cisco CAR Web Service] にチェックを入れ、Restart を押す
  [Cisco SOAP - CDRonDemandService] にチェックを入れ、Restart を押す (使用している場合)

 

5. CallManager サービスが起動している全ノードで CDR データの生成を開始 (2 の逆)

Cisco Unified CM の管理 > システム > サービスパラメータ
 Server:Cisco CallManager サービスが起動しているノードを選択 (*3)
  Service:Cisco CallManager を選択
 [CDR Enabled Flag] を False から True に変更して保存する
(*3)で CallManager サービスが起動しているノードを順番に選択し、全ノードで True に設定します。

 

6. Publisher で CDR の CAR DB への Load を開始 (1 の逆)

 CDR Analysis and Reporting > System > Scheduler > CDR Load
  [Disable Loader] のチェックを外す
  (*) その他のパラメータは元々設定していた状態に戻します。

 

7. Publisher で Cisco CAR Scheduler を Restart して 6 の変更を即時反映

Cisco Unified サービスアビリティ > Tools > Control Center-Network Service
 Server:Publisher を選択
  [Cisco CAR Scheduler] にチェックを入れ、Restart を押す

 

以上です。

 

 

Getting Started

検索バーにキーワード、フレーズ、または質問を入力し、お探しのものを見つけましょう

シスコ コミュニティをいち早く使いこなしていただけるよう役立つリンクをまとめました。みなさんのジャーニーがより良いものとなるようお手伝いします: