キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
cancel
告知

JTAC-Mid-Career-Recruitment-2021.8

FAQ

 

Unified CM タイムアウトを待たずに内線番号に発信する設定について

509
閲覧回数
5
いいね!
0
コメント


はじめに

通常、Cisco Unified Communications Manager (Unified CM) は、オフフックして内線番号をダイヤルした後に、即座に発信します。しかし、下記のような番号に対しては、1000 をダイヤルすると、A と B の 2 つの候補が存在していますので、タイムアウトするまで A には発信されません。

例:

A.1000

B.1000222

上記の状況について、内線番号をダイヤルした後に「#」をプッシュすることで、番号入力が終了と見なされ、即発信されるという設定が可能となります。

このドキュメントでは、Cisco Unified Communications Manager (Unified CM) での設定方法を紹介します。



設定手順

  1. GUI 接続で Unified CM へアクセスします。

    Cisco Unified CM Administration > Call Routing > Translation pattern > Add New をクリックします。

    1.png

  2. 下記の項目を設定します。
    3.png5.PNG

    Translation Pattern: XXXX#
    Urgent Priority にチェック入れます。
    Do Not Wait For Interdigit Timeout On Subsequent Hops にチェック入れます。
    Discard Digit: Trailing-#
    Called Party Transform Mask: XXXX
    他の設定はデフォルトで問題ないです。

    ※上記は4桁の内線番号の設定方法です。
    5桁、6桁などの番号がある場合、上記の設定をコピーして、Translation Patternを追加で設定してください。
    5桁:Translation Pattern : XXXXX# / Called Party Transform Mask : XXXXX
    6桁:Translation Pattern : XXXXXX# / Called Party Transform Mask : XXXXXX
    7桁 : Translation Pattern : XXXXXXX# / Called Party Transform Mask : XXXXXXX
    8桁:...