キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
cancel
告知

JTAC-Mid-Career-Recruitment-2021.8

FAQ

 

USBトラブルシューティング - USB通信のデータキャプチャ

3892
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント

はじめに

USB(ユニバーサル・シリアル・バス)は、PCやスマホの業界標準のインタフェースとして
普及しています。弊社のWebカメラ製品(Webex Desk Camera)も、USB インタフェースを
介してPCと接続して使用します。

本ドキュメントでは、USBインタフェースの通信をキャプチャする方法について
ついて説明します。

1.USBPcapについて

Wiresharkは主にネットワークのパケットキャプチャに利用されますが、
USBPcapを同時にインストールすることで、USBインタフェース通信の
データキャプチャのツールとしても利用できます。

CAP1.jpg

USB 通信のキャプチャは、pcap形式でファイルに保存でき、Wiresharkで
内容を解析することができます。
USBPcapは単体でインストールし、コマンドラインインタフェースで
使用することも可能です。

CAP2.jpg

2.Wiresharkでの利用例

Wiresharkを起動し、キャプチャの対象としてUSBインタフェースを選択します。

CAP3.jpg

 USBデバイスがUSBハブに接続されている場合、キャプチャファイルには
 多くの機器の通信が混在します。
 Cisco Webex Desk Cameraの通信内容を調べたい場合、
 usb.bString == “Cisco Webex Desk Camera” 等のフィルタで
 デバイスのアドレスを見つけることができます。

 CAP4.jpg
 
下図は、Cisco Webex Desk Camera のUSB通信のサンプルです。
PCがUSBデバイスから、Device Descriptor、Configuration Descriptor
等の情報を取得しているのが分かります。

CAP5.jpg

Cisco Webex Desk Camera は、UVC(USB Video Class)に準拠した製品で
UVCに関連した情報もパケットキャプチャ上で確認できます。

CAP6.jpg

まとめ

Wiresharkはネットワークのパケットキャプチャだけでなく、
USBインタフェース通信のデータキャプチャのツールとしても
利用できます。
USBデバイスの動作を把握するツールとして活用できます。

 

参考ドキュメント:

USBインタフェース関連の Document Library (USB.org)

SharkFest’20 Virtual
USB Analysis 101 by Tomasz Moń