キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
cancel
告知

 TopBanner_Jan.2021_AMA.JPG

 TopBanner_2021.2_ver.7.JPG

 

FAQ

 

VoceGWのバックツーバック接続の方法: T1/PRI

3697
閲覧回数
5
いいね!
3
コメント

はじめに

 

Voice GW の動作検証テストを実施する際、 実際に接続する設備(ISDN網、PBX装置等)が

準備できない場合があります。

その際、簡単な動作確認テストであれば、Voice GW間をバックツーバックで接続する方法で

代用することができます。

 

本ドキュメントでは、Voice GW T1PRI)回線でバックツーバック接続する方法を
解説します。

 

(備考:相互接続性に関する厳密なテストでは、実網・実機が必要です。)

 

1.ケーブルの準備

 

VoiceGW間をバックツーバック接続する場合、クロスケーブルを

使用します。T1(PRI)クロスケーブルの配線は以下の通りです。

(市販のケーブルが入手できない場合、RJ45コネクタ、かしめ(圧着工具)

 等を用いて自作できます。)

 

.クロック同期

 

T1/PRIのデジタルインタフェースでは、クロック同期方向を考慮する必要があります。

また、ISDNインタフェースを接続する場合、一方をネットワーク側、他方をユーザ側

のプロトコルに設定する必要があります。

一般的には、ネットワーク側インタフェース(Master)からユーザ側インタフェース(Slave

の方向にクロックを提供します。

  

3.設定内容

 

以下ISR G2 ISR 4K シリーズの設定例 (ネットワーク側、ユーザー側) を示します。

 

設定例1: ISR G2 のバックツーバック接続

 

(ISDN:ネットワーク側)

card type t1 0 0

!

network-clock-participate wic 0

!

isdn switch-type primary-ntt

!

controller T1 0/0/0

 clock source internal

 cablelength long 0db

 pri-group timeslots 1-24

!

interface Serial0/0/0:23

 no ip address

 encapsulation hdlc

 isdn switch-type primary-ntt

 isdn protocol-emulate network

 isdn incoming-voice voice

 no cdp enable

 

(ISDN:ユーザ側)

card type t1 0 0

!

network-clock-participate wic 0

network-clock-select 1 T1 0/0/1

!

isdn switch-type primary-ntt

!

controller T1 0/0/1

 clock source line  (defaultのため非表示)

 cablelength long 0db

 pri-group timeslots 1-24

!

interface Serial0/0/1:23

 no ip address

 encapsulation hdlc

 isdn switch-type primary-ntt

 isdn incoming-voice voice

 no cdp enable

 

設定例2: ISR 4K のバックツーバック接続


(ISDN: ネットワーク側)

card type t1 0 1

card type t1 0 2

!

isdn switch-type primary-ntt

!

controller T1 0/1/0

 framing esf

 clock source line primary

 linecode b8zs

 cablelength long 0db

 pri-group timeslots 1-24

!

controller T1 0/2/0

 framing esf

 clock source network

 linecode b8zs

 cablelength long 0db

 pri-group timeslots 1-24

!

interface Serial0/1/0:23

 encapsulation hdlc

 isdn switch-type primary-ntt

!

interface Serial0/2/0:23

 encapsulation hdlc

 isdn switch-type primary-ntt

 isdn protocol-emulate network

 isdn skipsend-idverify

!

network-clock synchronization automatic

network-clock input-source 1 controller T1 0/1/0

備考:上記の設定は、別のPRIインタフェース(T1 0/1/0)からのクロックを
    バックツーバック接続のPRI(T1 0/2/0)へ提供する場合の例です。

(ISDN:ユーザー側) 

card type t1 0 3

!

isdn switch-type primary-ntt

!

controller T1 0/3/0

 framing esf

 clock source line primary

 linecode b8zs

 cablelength long 0db

 pri-group timeslots 1-24

!

interface Serial0/3/0:23

 encapsulation hdlc

 isdn switch-type primary-ntt

!

network-clock synchronization automatic

network-clock input-source 1 controller T1 0/3/0

 

まとめ

T1/PRIクロスケーブルを準備すれば、バックツーバック接続の構成を容易に

構築できます

VoIPプロトコル、dial-peerの設定を適切に組み合わせれば、様々なシステムの

検証に利用できます。

 

参考ドキュメント

Cisco ISR シリーズのクロックの設定と動作 (ISR G2)
ISR 4K シリーズの T1/PRI 回線の同期設計について
 

コメント
Beginner

設定例2: ISR 4K のバックツーバック接続
(ISDN: ネットワーク側)において
別のPRIインタフェース(T1 0/1/0)からのクロックをバックツーバック接続の
PRI(T1 0/2/0)へ供給する設計とのことですので、Backplane Clock Mux を経由
してクロックを同期するのだと推測しました。
その場合、0/2/0はBackplaneをクロックソースとするために
"network-clock synchronization participate 0/2"は必要ないのでしょうか?
"clock source network"がbackplaneまたはオシレーターからクロックを、
モジュールのクロックソースとして使用するとのことですので、
そのコマンドとの関連がいまいちよくわかっていませんので、教えてください。

Cisco Employee

> "network-clock synchronization participate 0/2"は必要ないのでしょうか?

別のドキュメント(ISR 4K シリーズの T1/PRI 回線の同期設計について)に
記載されている通り、ISR4Kでは上記コマンドはデフォルトで有効になっています。

"no network-clock synchronization participate 0/2" コマンドを設定した場合、
モジュールはBackplaneから切り離されるため、オシレータまたは回線からの
クロックを使用することになります。

ISR4Kの動作に関して不明な点がありましたら、TACにSRをオープンして頂きますよう
お願いいたします。

Beginner

ご回答ありがとうございました。
"network-clock synchronization participate 0/2"がデフォルトで
有効な旨、承知いたしました。