キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
cancel
告知

 TopBanner_2021.2_ver.7.JPG

 

FAQ

 

Webex Edge Video Mesh のトラブルシューティング方法

1176
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント

 

 

はじめに

Webex Edge Video Mesh (Video Mesh) とは、オンプレミス環境にインストールして、Webex Control Hub で展開するサーバです。

CMR Hybrid, Webex Video Platform (旧 CMR Cloud) では Expressway-E/C 経由で Webex と通信していましたが、Video Mesh を導入すると、Video Mesh がサポートする社内ネットワーク上の端末は、シグナリングもメディアも Video Mesh で終端するようになります。

以下は、Expressway/VCS に端末が登録される場合と、Unified CM に端末が登録される場合の、シグナリング・メディアのフローを図にまとめたものです。

 

Screen Shot 2019-04-24 at 16.25.21.png

 

 

 

トラブルシューティングのポイント

Expressway/VCS に端末が登録される場合と、Unified CM に端末が登録される場合、それぞれ以下のサーバ間の通信に注目して解析を行います。

 

Screen Shot 2019-04-24 at 16.37.54.png

 

 

 

必要なログ

  • Expressway/VCS 登録の場合

サーバ 必要なログ
Video Mesh - Diagnostics

Expressway-C

(取得方法) VCS / Expressway のログ取得方法 (X8.1.x 以降)

- Diagnostic logs

- パケットキャプチャ

 

  • Unified CM 登録の場合

サーバ 必要なログ
Video Mesh - Diagnostics

Unified CM

(取得方法) CUCMのトレースログを収集する方法

- Cisco CallManager (Detailed レベル)
- Event Viewer-Application Log
- Event Viewer-System Log

 

 

 

Video Mesh - Diagnostics ログの取得方法

以下の手順で、Video Mesh の Diagnostics ログが取得できます。

 

1. Video Mesh Node に SSH アクセスし、OK のまま Enter

Picture1.png

 

2. Diagnostics を選択し、Enter
Picture2.png

 

3. Export Log Files を選択し、Enter

Picture3.png

 

4. Feedback があれば記入

Picture4.png

 

5. ログを取得するか送信するか選択

  • Send logs using SCP: SCP サーバを指定してログを送信/取得
  • Send logs to Cisco: Cisco にログを送信 > そのまま終了

Picture5.png

 

6. Send logs using SCP を選択した場合、 Yes のまま Enter

Picture6.png

 

7. ログ送信先の SCP Server の Host, Username, Destination Folder パスを入力し、Enter
Picture7.png

 

8. Yes のまま Enter
Picture8.png

 

9. SCP Server の Password を入力し、Enter
Picture9.png

 

10. ログが正しく送信されると、以下のように表示される
Picture10.png

 

 

 

ログの解析

問題が起きたコールフローと、以下の基本コールフローを比較し、 どこでコールが失敗しているか特定します。

Screen Shot 2019-04-24 at 17.02.20.png

 

Expressway-C、Unified CM のコールフローは、それぞれ取得したログを Collaboration Solutions Analyzer にアップロードして確認します。

(参考) Collaboration Solutions Analyzer (CSA) による構築支援とログ解析

 

Video Mesh 側を調査するには、圧縮されたログファイルを解凍して、l2sip > l2sip.log から SIP シグナリングを確認します。

(file path) VideoMesh/home/mfusion/logs/l2sip/l2sip.log

 

* l2sip.log の一例

2019-04-20 10:30:41.329 UTC(+0000) L2Sip_523h9fabc02189aa101d8d0528c333c7 INFO [SIP-TCP-Core-PipelineThreadpool-2] c.c.w.s.l.s.logger.L2SipStackLogger L2SipStackLogger.java:328 - SIP INVITE<message
from="192.168.0.1:29000"
to="192.168.0.2:5060"
time="1550000000000"
isSender="false"
transactionId="xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx"
callId="523h9fabc02189aa101d8d0528c333c7"
firstLine="INVITE
CSeq="CSeq: 100 INVITE"
(以下、省略)

 

 

注意点

Video Mesh と Webex 間の通信は、 Webex Teams のネットワーク要件 に基づくので注意。

 

 

 

参考資料