キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
cancel
告知

JTAC-Mid-Career-Recruitment-2021.8

FAQ

 

Webex Meeting 中にWebex Meeting Desktop アプリケーションがクラッシュ(フリーズ等)した場合に必要なログ

415
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント

 

 

はじめに

 

この記事では、Webex Meeting Desktopアプリケーション利用中にアプリケーションがクラッシュした場合に、原因調査に必要な2つのログを紹介します。

参考リンクの WBX Tracer ログ と一緒に取得をお願いします。

例:Webex Meeting 中に、なんらかの操作をすると、Webex Meeting Desktopアプリケーションがフリーズし、終了してしまった。

 

 

1.Process Monitorログ

1.Process Monitorツールを、以下のリンクからダウンロードします。

※外部サイトに飛びます

https://docs.microsoft.com/en-us/sysinternals/downloads/procmon

2.ダウンロードしたZIPファイルを任意の場所に解凍します。

3.解凍した procmon フォルダー内のProcessMonitor内にある procmon.exe を実行します。

4.Process Monitorが開きます。FileメニューのCaptureEventsにチェックが入っていることを確認します。

5.事象を再現します。

6.再現後、Process Monitor の Fileメニューの Save To File を開きます。

7.All Eventsにチェックを入れ、Native Process Monitor Format (PML)を選択し、保存します。

 

2.Dumpログ

1.タスクマネージャーを開きます。

2.Webex Meeting を開始します。

3.下図のように、Cisco Webex Service(32bit)上で右クリックし、詳細の表示を選択します。

dump2.png

 

4.詳細タブが表示され、atmgr.exe が選択された状態になります。

  (下記のように2つ表示される場合がありますが、自動選択された atmgr.exe になります。)

dump3.png

5.事象を再現します。

6.再現直後に、右クリックし、「ダンプファイルの作成」にてダンプファイル(DMPファイル)が作成されます。

dump4.png

 

参考リンク