キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
cancel
告知

JTAC-Mid-Career-Recruitment-2021.8

FAQ

 

Jabber Shared Line での Consult Transfer で他ユーザーが保留解除ができてしまう

114
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント

2021 年 10 月 13 日 (初版)

TAC SR Collection
主な問題

Jabber にて Shared Line で Consult Transfer を実施した際に、同一の Shared Line を持つ他のユーザーが転送相談のための保留を解除できてしまい、転送に失敗する事象が報告されています。

[コールフロー例] Shared Line (DN: 10000) に Jabber X, Z が登録

  1. Phone A が Cisco Unified Communications Manager (Unified CM) の Shared Line (DN: 10000) にコールを行う
  2. Jabber X (DN: 10000, 1002) がコールを受話
  3. Jabber X はコールを Consult Transfer するために転送ボタンを選択し、Jabber Y の DN: 1007 を入力
  4. 転送相談のため Phone A は一度保留状態になり、Jabber X - Jabber Y でコールが接続される
  5. 保留された Phone A とのコールは Shared Line (DN: 10000) に属する Jabber Z から解除できてしまう。解除された場合、コールは Phone A - Jabber Z および Jabber X - Jabber Z の二つに分割され、転送に失敗する。
原因

Jabber の機能拡張リクエスト CSCvz41023 としてオープンされています。機能拡張が実装されていないバージョンでは、本事象が発生します。

解決策

機能拡張が実装されないバージョンで代表番号で転送を行いたい場合、代わりに Hunt Pilot をご利用ください。なお、Hunt Pilot については、こちらをご参照ください。

System Configuration Guide for Cisco Unified Communications Manager, Release 12.5(1) 

備考
各製品の TAC SR Collection の一覧は、よくある質問と解決方法 (TAC SR Collection) から確認できます。