キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
cancel
告知

 

ASR9K: Arp Redundancy の peer 切断時、Peer Status がルータ毎に固定となる動作について

186
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント

 IOS-XR 5.3.2 より、Dual Head topology を使用している場合、ARP Redundancy がサポートされています。

HSRP/VRRP を使用した環境下では、全てのトラフィックが Active ルータを通過するため
全ての ARP エントリは Active ルータ上に保持されます。

Active ルータがダウンした際、Standby ルータが ARP テーブルを再構築する必要があり
ハイスケールな環境下では環境に応じて多くの時間がかかりますが
ARP Redundancy を使用することで、予め ARP table を Active/Standby 間で同期することができます。

Dual Head topology 上での ARP Redundancy のサポートについては以下のドキュメントを参照して下さい。

ARP Redundancy Support for Dual Head Topology
https://www.cisco.com/c/en/us/td/docs/routers/asr9000/software/asr9k_r5-3/nV/configuration/guide/b_nv_cg53xasr9k/b_nv_cg53xasr9k_chapter_01.html#concept_12311CCC0CA24B45B8798DE580D88493

2つのノード上で、ARP Redundancy のセッションが確立されている場合
以下のように、どちらの機器も Peer Status が Connected になります。


RP/0/RP0/CPU0:ASR9K_Act#show arp redundancy summary

ARP-SYNC Redundancy Database
----------------------------
Group ID        Source Interface        Peer Address            Peer Status
----------------------------------------------------------------------------------
1               Loopback1               192.168.0.2           CONNECTED            
 

RP/0/RP0/CPU0:ASR9K_Stb#show arp redundancy summary

ARP-SYNC Redundancy Database
----------------------------
Group ID        Source Interface        Peer Address            Peer Status
----------------------------------------------------------------------------------
1               Loopback1               192.168.0.1           CONNECTED             



何らかの理由で、Peer 間のセッションが切断され、再接続できない場合
以下のように片方のルータの Peer Status は CONNECTING となり、もう一方は LISTEN となります。

RP/0/RP0/CPU0:ASR9K_Act##show arp redundancy summary
Fri Nov 24 09:55:10.765 JST

ARP-SYNC Redundancy Database
----------------------------
Group ID        Source Interface        Peer Address            Peer Status
----------------------------------------------------------------------------------
1               Loopback1               192.168.0.2           CONNECTING     <<<<
 

RP/0/RP0/CPU0:ASR9K_Stb#show arp redundancy summary
Fri Nov 24 09:55:27.490 JST

ARP-SYNC Redundancy Database
----------------------------
Group ID        Source Interface        Peer Address            Peer Status
----------------------------------------------------------------------------------
1               Loopback1               192.168.0.1           LISTEN   <<<<


このように、ルータ間で Peer Status が異なることは不具合ではなく
一連の redundancy の設定上で、小さな Source IP を持っている側が CONNECTING となり
大きな Source IP を持っている側が LISTEN となり、これは実装動作になります。