キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
cancel
告知

JTAC-Mid-Career-Recruitment-2021.3

CSC-campaign.JPG

 

ASR9K: IOS-XR 64-bit(eXR) の clean install 手順について

2179
閲覧回数
5
いいね!
0
コメント

 

 

 

はじめに

IOS-XR 6.1.2 より、ASR9000 シリーズルータにおいても、IOS-XR 64-bit(eXR) を使用することが出来るようになりました。

IOS-XR 32-bit では、boot loader に ROMMON を使用しており、旧来より使用されてきた方には馴染みの深い、TURBOBOOT にて clean intall を実施することが可能でした。

ただ、IOS-XR 64-bit では boot loader に iPXE を採用しており、TURBOBOOT を行うことは出来ません。

 

また、2018年4月現在、cisco.com 上には、eXR を使用している ASR9000 シリーズルータについての clean install の手順が掲載されていません。

そのため、本ドキュメントでは、ASR9000 シリーズルータにおいて TURBOBOOT like に IOS-XR 64-bit を clean install する手順について紹介します。

  

clean install の実行に必要なもの

本手順を実施するにあたって、以下を用意して下さい

- TFTP server

- Mgmt port から、TFTP server への疎通

- clean install を実行する対象バージョンの iso イメージ
   (IOS-XR 6.4.1 であれば、asr9k-mini-x64-6.4.1.iso)

 

iPXE command line 上から TFTP boot をする手順

iPXE shell から手動で設定を行い、TURBOBOOT like に TFTP からクリーンインストールする手順については以下のとおりです。

 

作業の概要としては、コンソール接続をして、機器を再起動し

起動時に Ctrl-C を押して Boot Menu に入ります。

その後、iPXE shell に入り、boot コマンドで、image を tftp サーバから boot する形になります。

 

1. Boot Menu から、iPXE での起動を選択

 
##########################################################

System Bootstrap, Version 10.54 [ASR9K x86 ROMMON],
Copyright (c) 1994-2014 by Cisco Systems, Inc.
Compiled on Mon 09/12/2016 15:15:00.24

BOARD_TYPE             : 0x100316
Rommon                 : 10.54 (Primary)
Board Revision         : 4
PCH EEPROM             : 3.4
IPU FPGA(PL)           : 0.44.0 (Primary)
IPU INIT(HW_FPD)       : 0.50.0
IPU FSBL(BOOT.BIN)     : 1.90.0
IPU LINUX(IMAGE.FPD)   : 1.90.0
OPTIMUS FPGA           : 0.12.0
OMEGA FPGA             : 0.13.0
ALPHA FPGA             : 0.14.0
CHA FPGA               : 0.5.1
CBC0                   : Part 1=34.38, Part 2=34.38, Act Part=1
Product Number         : A9K-RSP880-TR
Chassis                : ASR-9006-AC-V2
Chassis Serial Number  : FOXXXXXXXX
Slot Number            : 0
Pxe Mac Address LAN 0  : 78:ba:f9:1e:35:80
Pxe Mac Address LAN 1  : 78:ba:f9:1e:35:81
==========================================================

Got EMT Mode as 2
Got Boot Mode as 0

Booting IOS-XR 64 bit Boot previously installed image - Press Ctrl-c to stop  <<< CTRL-C を押下し、boot menu を表示
 1
Please select the operating system and the boot device:
     1) IOS-XR (32 bit Classic XR)
     2) IOS-XR 64 bit Boot previously installed image
     3) IOS-XR 64 bit Mgmt Network boot using DHCP server
     4) IOS-XR 64 bit Mgmt Network boot using local settings (iPXE)
     (Press 'p' for more option)
Selection [1/2/3/4]: 4  <<<<< 4 を選択肢、enter を押下
Selected IOS-XR 64 bit Mgmt Network boot using local settings (iPXE), Continue ? Y/N: Y

 

2. iPXE boot 中に、iPXE shell へ遷移


Serial ATA Port 4 : SMART iSATA SHSLM32GEBCITHD02
Serial ATA Port 5 : SMART iSATA SHSLM32GEBCITHD02
Selected external PXE
Since response is not received for os_type, switch to IOS-XR 32 bit
CISCO iPXEiPXE initialising devices...ok



iPXE 1.0.0+ (b5d5) -- Open Source Network Boot Firmware -- http://ipxe.org
Features: DNS HTTP TFTP EFI ISO9660 Menu
IPXE embed script.......
IPXE preference ...1
Using rommon variables....
ROMMON SETTINGS
...............
cisco/cisco-ipv4-address:string = 192.0.2.1
cisco/cisco-netmask-address:str = 255.255.255.0
cisco/cisco-gateway-address:str = 192.0.2.254
cisco/cisco-server-url:string = tftp://198.51.100.1/asr9k-mini-x64-6.2.3.iso
===============================================================================
NETWORK SETTINGS
................
net0/ip:ipv4 = 192.0.2.1
net0/gateway:ipv4 = 192.0.2.254
net0/netmask:ipv4 = 255.255.255.0
net0/mac:hex = 78:ba:f9:1e:35:80
net1/ip:ipv4 = 192.0.2.2
net1/gateway:ipv4 = 192.0.2.254
net1/netmask:ipv4 = 255.255.255.0
net1/mac:hex = 78:ba:f9:1e:35:81
..................
Press Ctrl-B for the iPXE command line...  <<<<  CTRL-B で iPXE command line へ入る
CTRL-B を押さない場合は、ROMMON の設定を読み込み自動で boot しようとします。


 

3. iPXE shell 上での IP アドレス等の設定と、イメージの boot


iPXE> ifopen net0   <<< 起動直後は net0 の ifdown 状態なので、ifopen net0 で mgmt interface を open する


iPXE> set net0/ip 192.0.2.1    <<< set コマンドで、net0 の IP を任意の IP に上書き設定する
iPXE> set net0/netmask 255.255.255.0    <<< set コマンドで、net0 の subnet mask を任意の mask に上書き設定する
iPXE> set net0/gateway 192.0.2.254  <<< set コマンドで、net0 の gateway を任意の mask に上書き設定する
iPXE> ping 192.0.2.254   <<< Ping を実施し、疎通を確認する
64 bytes from 192.0.2.254: seq=1
64 bytes from 192.0.2.254: seq=2
Finished: Operation canceled (http://ipxe.org/0b072095)
iPXE>
iPXE> boot tftp://198.51.100.1/IOX623/asr9k-mini-x64-6.2.3.iso  <<<< boot tftp:// コマンドで iso イメージをロードする
tftp://198.51.100.1/IOX623/asr9k-mini-x64-6.2.3.iso... ok
Memory required for image[asr9k-mini-x64-6.2.3.iso]: 1164333056, available: 1841299456
Booting iso-image@0x43a99b000(1164333056), bzImage@0x43a9d5000(4520015)
.......BIOS CODE SIGN ENTRY ...

Image ASR9K-Tomahawk verified successfully
**** PASS: secure boot verification of image: bzImage****

�[   12.612966] i8042: No controller found
mkdir: cannot create directory '/run': File exists
Sourcing /etc/sysconfig/udev
Starting udev: [  OK  ]
Starting udev
- snip

 

参考情報

 
iPXE の公式ウェブサイト
 
IOS-XR 64-bit (eXR) の概要と基本アーキテクチャ紹介
 
Migration Guide for Cisco ASR 9000 Series Routers