キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
cancel
告知

CSC-campaign-v2.JPG

 

ASR9K: Parallel power module FPD upgrade のサポートについて

355
閲覧回数
5
いいね!
0
コメント

 

背景

ASR9000 シリーズルータにおいて、従来、電源モジュールは一度に 1つずつアップグレードが行われていました。
V3 電源モジュールの導入により、1つのモジュールのアップグレードにかかる時間が従来の電源モジュールの 2倍以上になりました。
例えば、V3 電源モジュールのアップグレードにはおよそ 21分かかります。これが 12モジュールのシャーシの場合、アップグレードに 4時間以上かかります。

Parallel power module upgrade により、一度に複数の電源モジュールをアップグレードすることができ、モジュールのアップグレードにかかる総時間が短縮されます。

 

Parallel power module upgrade について

電源モジュールのアップグレードは時間を要するため、FPD アップグレードを実施する際に auto upgrade や all option 使用時に電源モジュールはアップグレードを skip します。
そのため、電源モジュールは、他のすべての FPGA アップグレードとは別にアップグレードする必要があります。

参考:ASR9K: show fpd コマンドでの NOTICE 追加
https://supportforums.cisco.com/t5/-/-/ta-p/3159547

 

Parallel power module upgrade は、"pm-all" コマンドを指定したときに実行されます。
これにより、電源モジュールのアップグレードが並行して実行され、アップグレード時間を短縮することが可能となります。

 

Parallel power module upgrade は以下のいずれかのコマンドで実行可能です。

#admin upgrade hw-module fpd fpga location pm-all
#admin upgrade hw-module fpd all location pm-all

 

一度にアップグレードできる電源モジュールの数は、シャーシに使用できる余剰電力の量によって異なります。

 

アップグレード時の注意事項

電源モジュールのアップグレード時は以下の点を考慮の上実施してください。

  • アップグレード中にシャーシコンポーネント(RP や LC など)を取り外したり追加したりしないこと。
    システムの電力要件が変更され、シャーシの電源断が発生する可能性があります。
  • 電源モジュールへのすべての電源接続が有効になっていることを確認すること。
    特に V3 電源モジュールでは、アップグレードする前に両方の電源が接続されていなければなりません。

 

参考:ASR9K: V3 Power Module の FPD upgrade 時の注意事項
https://supportforums.cisco.com/t5/-/-/ta-p/3166120

 

Parallel power module upgrade は 現時点では Classic XR のみのサポートとなり、IOS-XR 6.3.1 から利用可能です。
すべての V2 AC/DC および V3 AC/DC 電源モジュールがサポートされます。

V1 電源モジュールは FPD アップグレードをサポートしていません。