キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
cancel
告知

JTAC-Mid-Career-Recruitment-2021.3

CSC-campaign.JPG

 

eXR: shaping 時の rate 計算について

342
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント

 

はじめに

IOS-XR 64bit の動作する NCS540, NCS560, NCS5500 シリーズルータでは、トラフィックを処理する際の

shaping のレート計算時に L1 overhead (IFG/プリアンブル/SFD) の 20byte を含め、計算を行います。

RP/0/RP0/CPU0:NCS540(config-pmap-c)#do sh qos int gigabitEthernet 0/0/0/7 output
Tue Mar  3 07:08:59.867 JST
NOTE:- Configured values are displayed within parentheses
Interface GigabitEthernet0/0/0/7 ifh 0x138  -- output policy
NPU Id:                        0
Total number of classes:       1
Interface Bandwidth:           1000000 kbps
Policy Name:                   shoriuch
VOQ Base:                      1048
Accounting Type:               Layer1 (Include Layer 1 encapsulation and above)
------------------------------------------------------------------------------
Level1 Class                             =   class-default
Egressq Queue ID                         =   1048 (Default LP queue)
Queue Max. BW.                           =   100830 kbps (100 mbits/sec)
Queue Min. BW.                           =   0 kbps (default)
Inverse Weight / Weight                  =   1 / (BWR not configured)
Guaranteed service rate                  =   100000 kbps
TailDrop Threshold                       =   12517376 bytes / 1001 ms (1000 ms)
WRED not configured for this class


-----

Modular QoS Configuration Guide for Cisco NCS 560 Series Routers, Cisco IOS XR Release 6.6.x

https://www.cisco.com/c/en/us/td/docs/iosxr/ncs560/qos/66x/b-qos-cg-66x-ncs560/cg_65_qos_congestion_management.html#concept_5AE37FD77CD745E7B3926C6459E71786

 

The traffic shaping performed on outgoing interfaces is done at the Layer 1 level and includes the Layer 1 header in the rate calculation.
------


そのため、試験時のテスタでのレート設定や、実環境での設計において、該当の機器が受信するトラフィックのレートが、L1 overhead を含めた L1 rate であるのか、それらを除いた L2 rate であるのかを考慮する必要があります。

 

特に small packet での確認において、そのオーバーヘッドの有無から、想定外に精度が悪く見える可能性があります。
ただし、NCS540, NCS560, NCS5500 シリーズルータでの shaping 精度は +-5% であることに留意する必要があります。

 


注意点

 

例えば以下の例においては、Te 0/0/0/1 で 100Mbps の shaping を設定した上で 64 byte packet で十分なトラフィックを印加した場合
show policy-map interface でレートを確認すると、約 79Mbps に見えています。


これは show policy-map interface のレート計算は L2 rate で計算されているからとなり

実際には L1 rate で確認を行うと、約 100 Mbps で正常に shaping されている例となります。

shaping のケースでは、show policy-map interface のレート情報を直接参考にすることはできません。

interface TenGigE0/0/0/1
service-policy output TEST

policy-map TEST
class out-class5
shape average 100 mbps
!
class class-default
shape average 10 mbps
!
end-policy-map

RP/0/RP0/CPU0:NCS560#show policy-map interface tenGigE 0/0/0/1 output
Tue Mar  3 10:33:59.476 JST

TenGigE0/0/0/1 output: TEST

Class out-class5
  Classification statistics          (packets/bytes)     (rate - kbps)
    Matched             :          6104664878/402907881948         7670950
    Transmitted         :            64278214/4242362124           78918 <<< 実際には L1 100Mbps で shaping されている
    Total Dropped       :          6040386664/398665519824         7592032
  Queueing statistics
    Queue ID                             : 1165
    Taildropped(packets/bytes)           : 6040386664/398665519824
Class class-default
  Classification statistics          (packets/bytes)     (rate - kbps)
    Matched             :                   4/448                  0
    Transmitted         :                   4/448                  0
    Total Dropped       :                   0/0                    0
  Queueing statistics
    Queue ID                             : 1160
    Taildropped(packets/bytes)           : 0/0
Policy Bag Stats time: 1583199239612  [Local Time: 03/03/20 10:33:59.612]

 

ワークアラウンド

service-policy の設定時に "account user-defined" として、ユーザオーバーヘッドの指定を行うことができます。

この例では 20byte を指定しているため、L1 overhead 分を shaping 計算から除外しますので

L2 rate で shaping の計算を行うようにできます。

interface TenGigE0/0/0/1
service-policy output TEST account user-defined 20

RP/0/RP0/CPU0:NCS560(config-if)# service-policy output TEST account user-defined ?
<-63,+63> Overhead accounting value

 

Content for Community-Ad



このウィジェットは表示できません。