キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
cancel
告知

CSC-campaign-v2.JPG

 

NCS: トラブルシューティングの必須ログ

1007
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント

[toc:faq]

概要

本ドキュメントでは、IOS-XR NCS (Network Convergence System) シリーズルーター (NCS-6000, NCS-5500, NCS-5000) のトラブルシューティング時に取得を依頼する必須ログについて解説しています。

下記ログは、ソフトウェア、及びハードウェアの構成、バージョン、モジュール状態を確認するために必要であり、
ほぼ全ての IOS-XR NCS シリーズルーターのトラブルシューティング時に取得を依頼することになる重要なログとなっています。

IOS-XR NCS シリーズルーターでは一つのノード (RP/LC) 上に下記の複数の Virtual Machine (VM) もしくは Linux Container (LXC) が別々に動作しています。
そのため、各 VM/LXC 毎に異なるログをまとめて取得することが必要となります。

  • XR VM (もしくは LXC): ルーター機能を担う VM/LXC
  • Sysadmin VM (もしくは LXC): ハードウェア等の装置管理機能を担う VM/LXC

XR VM の基本ログ

XR VM にログインしている際にはプロンプトは下記のようになっています。

RP/0/RP0/CPU0:NCS#

XR VM 上にて下記ログを取得して下さい。
------------------------------------------------------------
show version
show install active
show platform
show inventory
show diag
show running-config
show logging
------------------------------------------------------------

Sysadmin VM/LXC の基本ログ

XR VM/LXC から admin コマンドを投入することにより、sysadmin VM/LXC にログインすることができます。

RP/0/RP0/CPU0:NCS#admin

cisco connected from 127.0.0.1 using console on xr-vm_node0_RP0_CPU0
sysadmin-vm:0_RP0#

Sysadmin VM にログインしている際には、プロンプトは下記のようになっています。

sysadmin-vm:0_RP0#

Sysadmin VM 上にて下記ログを取得して下さい。
------------------------------------------------------------
show version
show install active
show platform
show hw-module fpd
show inventory
show diag
show environment all
show logging
------------------------------------------------------------