キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
cancel
713
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント
CscTsWebDocs
Community Member

2013年4月26日(初版)

TAC SR Collection
主な問題

トラフィックシミュレータよりトラフィックを流し続けていると、CPU congestion 等が発生していないにも関わらず、しばらくしてそのトラフィックのボリュームがカウントされないことがあります。

例)

SCE8000 へ 1 flow で 300Mbps で流し続けると、30秒経過後からはその flow はボリュームがカウントされません。

原因

SCE の内部メカニズムとして、デフォルトで30秒間に片側 1GByte を超える通信が発生した場合カウントしないという仕様があり、これは SCE が誤った情報を計算しないように 30秒ごとに flow 情報のアップデートを行っているためです。

このとき、データの正常性のチェックとして過去30秒間においてトラフィックボリュームが片側 1GByte を超えている flow が存在した場合、異常な値としてその flow のデータを更新しません。

例)

300Mbps/8bit x 30s = 1.125GByte

商用環境ではこのようなトラフィックボリュームは存在しないと考えられます。

この仕様は SCE8000/SCE2020/SCE1010 全てに共通です。

解決策

テスト環境においては、SCA-BB より以下の設定にてアップデートの間隔を変更できますので、値を短くすることでこの事象を回避することができます。

設定変更後は、SCA-BB より SCE へ pqb ファイルの apply を行ってください。

SCAS-BB Console -> Configuration -> Policies -> System Settings ->

Advanced Options -> Advanced Service Configuration Options ->

Time to Bypass between policy checks (seconds)

備考

Getting Started

検索バーにキーワード、フレーズ、または質問を入力し、お探しのものを見つけましょう

シスコ コミュニティをいち早く使いこなしていただけるよう役立つリンクをまとめました。みなさんのジャーニーがより良いものとなるようお手伝いします: