キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
cancel
告知

 Mar.topbanner.JPG

 AMATopBanner2021.4.JPG

 

メッセージトラッキングのURL Detailタブについて

72
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント

AsyncOS10より「Logging of URLs and Message Tracking Details for URLs」との機能が追加されました。下記いずれの条件にマッチするとそのURLの情報はメッセージトラッキングのURL Detailタブに表示されます。

  • Category of any URL in the message matches the URL category filters
  • Reputation score of any URL in the message matches URL reputation filters
  • Outbreak Filter rewrites any URL in the message

コンテンツフィルタを利用し、当機能を紹介します。
1.コマンドラインにて機能を有効にします。
    ironport-com.com> outbreakconfig
    Outbreak Filters: Enabled
    Choose the operation you want to perform:
    - SETUP - Change Outbreak Filters settings.
    []> setup
    ...
    ...
    ...
    Do you wish to enable logging of URL's? [N]> y
    Logging of URLs has been enabled.

2.コンテンツフィルタを下記のように設定します。截屏2021-02-13 21.20.40.png

3.下記のURLをメールに含め、送信します。
    www.youtube.com 
    www.facebook.com
    www.google.com

4.下記のメールログが記録されます。
    Fri Feb 12 23:36:24 2021 Info: MID 46 URL www.youtube.com  matched category Streaming Video Condition: URL Category Rule
    Fri Feb 12 23:36:24 2021 Info: MID 46 URL www.facebook.com  matched category Social Networking Condition: URL Category Rule
    Fri Feb 12 23:36:24 2021 Info: MID 46 URL www.google.com  matched category Search Engines and Portals Condition: URL Category Rule

5.メッセージトラッキングにて当該メールを検索し、Show Detailsのハイパーリンクをクリックします。下記通りURL Detailタブにメールを受信した時間、MID、URL、マッチしたURLカテゴリ、コンテンツフィルタの条件が表示されます。
截屏2021-02-15 11.12.41.png


ただし、メールに含まれるURLが全て表示されない場合があります。コンテンツフィルタを下記のようにに変更し、上記「3.」と同様なメールを送信します。上記「2.」のコンテンツフィルタは三つのURLカテゴリを一つ条件にまとめたに対し、本コンテンツフィルタの条件は三つに分け、いずれかの条件にマッチすれば、本コンテンツフィルタがマッチされるように変更します。截屏2021-02-13 21.39.20.png

記録されたメールログとURL Detailは下記通りです。
Sat Feb 13 22:33:38 2021 Info: MID 47 URL www.youtube.com  matched category Streaming Video Condition: URL Category Rule截屏2021-02-15 11.13.08.png

メールに含まれるwww.youtube.comは一番先頭の条件Streaming Video URLカテゴリにマッチされ、本コンテンツフィルタの条件は成立するので、以降のURLは評価されなくなります。その為、メールログとURL Detailに記録されなくなります。また、本トピックではURLカテゴリを利用し、説明していましたが、URLレピュテーションも同様な結果になります。