キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
cancel
告知

 

ESA スパム隔離時に即時通知を行わせる設定

178
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント

ESAではメールがスパム判定され隔離される際、スパム隔離の設定で受信者へ対して通知を行うことができます。
しかしスパム隔離での受信者への通知設定では定期的なスケジュールでの通知しか設定できません。
代わりにスパム検出時にカスタムヘッダーを追加し、更にコンテンツフィルタでこのヘッダーをチェックして「通知」アクションを行わせるといった方法を行えば、スパム検出されたのち即座に「通知」を行うことは可能です。

受信メールポリシーの「スパム対策」設定において「陽性と判定されたスパムの設定」、「疑わしいスパムの設定」の「詳細」設定に「カスタムヘッダーを追加」オプション項目があります。
この項目で検出時に独自のカスタムヘッダー(例えば "X-spam-detected")を追加するようにしておきます。

advancedoption.jpg


更に同じ受信メールポリシーのコンテンツフィルタで「その他のヘッダー」ルールでスパム検出されたメールに追加したカスタムヘッダーをチェックし、該当する場合に「通知」アクションで受信者に通知メールを送るフィルターを用意し、有効にします。


filter.jpg
こうすることでスパム検出されたメールがスパム隔離に送られる際に通知メールが送られます。

ただしこの方法は「スパム隔離」の通知機能を用いていないので通知メール内にスパム隔離内の対象メッセージへの URL は提供できません。

そのためエンドユーザがスパム隔離へ認証を用いてのアクセスができる環境でないとこの通知を受けてもスパム隔離の対象メッセージを確認、操作することはできませんので注意してください。