キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
cancel
告知

CSC-campaign-v2.JPG

 

IPS license 発行時に使用する情報(シリアル, プロダクトID(PID))

1567
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント

IPS license に必要な情報

取得したライセンス情報(XXXX.lic)を機器に適用したがエラーが発生し適用できないとのご報告をいただく場合がございます。

多くの場合には、ライセンス情報(XXXX.lic)内にあるシリアルまたはプロダクトID(PID)のミスマッチによる問題となります。

IPS のライセンスは適用の際に自身の機器のシリアルとプロダクトIDが一致しているかをまず確認しますが、ライセンス発行時に

間違えたシリアルやプロダクトID申請してしまうと間違ったライセンスが発行されてしまいます。

そのまま、そのライセンスを適用しようとするとエラーとなってしまいます。

そこで、実際にはどのシリアルやプロダクトIDをライセンス発行時に使えばよいか実機のログよりご紹介させていただきます。

ライセンス発行時に使用するシリアルやプロダクトID情報は show version より、確認することができます。

以下は、IPS-4240 での show version となり、<---- で注釈のあるところがシリアルやプロダクトIDとなります。

※AIP-SSM 等でもアプライアンスと同様の確認方法となります。

---

sensor# sho version

Application Partition:

Cisco Intrusion Prevention System, Version 7.0(8)E4

Host:

    Realm Keys          key1.0

Signature Definition:

    Signature Update    S615.0                   2012-01-03

OS Version:             2.4.30-IDS-smp-bigphys

Platform:               IPS-4240-K9                             <---- PID(プロダクト番号)

Serial Number:          JMX0926K02Q                     <---- Serial番号

Licensed, expires:      1  Jan-2014 UTC

Sensor up-time is 8 days.

Using 1423118336 out of 1984548864 bytes of available memory (71% usage)

system is using 18.2M out of 38.5M bytes of available disk space (47% usage)

application-data is using 53.3M out of 166.8M bytes of available disk space (34% usage)

boot is using 46.5M out of 68.6M bytes of available disk space (71% usage)

application-log is using 123.5M out of 513.0M bytes of available disk space (24% usage)