キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
cancel
告知

JTAC-Mid-Career-Recruitment-2021.3

CSC-campaign-v2.JPG

 

Stealthwatch 6.10.x SMC-VE または FC-VE の機器リプレイス時の作業リスト (IP address を設定する)

140
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント

はじめに

本記事では Stealthwatch 製品 6.10.x をお使いのお客様にて機器リプレイスが必要になった際に、必要となる作業項目リストの "IP address を設定する" 作業内容例を紹介させていただきます。

No. 作業 備考
1 VMware に SMC-VE または FC-VE を新規インストールする インストレーションガイド
2 IP address を設定する コンソールより IP アドレスを設定
3 初期設定を実施する web より、設定
4 パッチを適用する 既存に合わせる為、実施
5 設定をリストアする  
6 証明書をインストールする  
7 DB リストアする  
8 ライセンスを登録する  

作業内容例

OVF を deploy すると、IP address を入力する画面が自動的に現れます。
SMC/FC の IP address を入力し、OK を押します。
image.png

SMC/FC の Netmask の設定を入力し、OK を押します。
image.png

SMC/FC の IP Broadcast Address の設定を入力し、OK を押します。
image.png

SMC/FC の Default Gateway の設定を入力し、OK を押します。
image.png

上記で設定した内容を確認し、問題なければ Yes を押します。
※ Yes を押した後に設定反映の為、自動的に機器が再起動します。
image.png

再起動した後に、root/lan1cope でログインし "ip a" コマンドにて、IP Address が設定されていれば成功です。

image.png