キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
cancel
告知

JTAC-Mid-Career-Recruitment-2021.8

 

ACI: 設定誤りによりFabricから切断されたSwitchの復旧方法

685
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント

このドキュメントでは、誤った設定により Fabric から切断された Switch を復旧する方法について説明します。

フォント等がくずれて見辛い場合は Cisco Learning Network の同ドキュメントもご参照ください。

設定誤りによりFabricから切断されたSwitchの復旧方法


障害試験等で、Switchに対して以下の様な設定を行い、Fabricから認識できなくなってしまった場合の復旧方法を紹介します。

- Fabric Portのshutdown

- moduleのshutdown

上記の様な設定を行い Fabric から切断された場合、APIC からの設定変更が出来なくなります。

またこの場合、対象のSwitchの再起動、Switchでの設定の初期化を行っても復旧することは出来ません。

 

この様な場合、以下の手順で復旧することが出来ます。

 

 


 

Step1. APIC の CLI で、/mit/uni/fabric/outofsvc に移動

apic1# cd /mit/uni/fabric/outofsvc

apic1# pwd

/mit/uni/fabric/outofsvc

 

 

Step2. port , moduleをdisableにしている mo を確認

/mit/uni/fabric/outofsvc 配下の rsoos で始まる mo を ls コマンドで確認

apic1# ls

mo                                   rsoosSlot-[topology--pod-1--node-201--sys--ch--fcslot-6]

rsoosPath-[topology--pod-1--paths-201--pathep-[eth1--2]]       rsoosSlot-[topology--pod-1--node-201--sys--ch--fcslot-6].link

rsoosPath-[topology--pod-1--paths-201--pathep-[eth1--2]].link  summary

 

rsoosPath で始まる mo が port を disable にしている設定で、paths の後が node 番号、pathep の後が interface を示しています。

rsoosSlot で始まる mo が module を disable にしている設定で、node の後が node 番号、sys-ch の後が module を示しています。

 

 

Step3. port , moduleをdisableにしている mo を削除

modelete コマンドで port , moduleをdisableにしている mo を削除し、"moconfig commit" コマンドで変更を反映

moの指定は""で囲んで指定します。

apic1# modelete "rsoosPath-[topology--pod-1--paths-201--pathep-[eth1--2]]"

This command is being deprecated on APIC controller, please use NXOS-style equivalent command

apic1# modelete "rsoosSlot-[topology--pod-1--node-201--sys--ch--fcslot-6]"

This command is being deprecated on APIC controller, please use NXOS-style equivalent command

apic1#

apic1# moconfig commit

This command is being deprecated on APIC controller, please use NXOS-style equivalent command

Committing mo 'uni/fabric/outofsvc/rsoosSlot-[topology/pod-1/node-201/sys/ch/fcslot-6]'

Committing mo 'uni/fabric/outofsvc/rsoosPath-[topology/pod-1/paths-201/pathep-[eth1/2]]'

 

 

Step4. 対象のSwitch の CLI で設定を削除し再起動

対象の Switch の CLI で setup-clean-config.sh を実行し、再起動を行う

fab2-spine1#  setup-clean-config.sh

In progress

In progress

In progress

In progress

In progress

Done

fab2-spine1# reload

 

再起動後、しばらくして、Switchのプロンプトが (none) から node name に変わり、APIC GUI の Topology に表示される様になることが確認できれば、復旧完了です。