キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
cancel
告知

JTAC-Mid-Career-Recruitment-2021.8

 

API Inspector の活用

22
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント

ACI Inspector の起動

ACI Inspector を使用することで、APIC GUI での操作時の REST API の動きをなぞることができます。

つまり、API の仕様をドキュメントで確認しなくても、GUI の操作を API を使って簡単に再現し、活用できます。

 

APIC GUI の右上 welcome admin > Show API Inspector をクリックすると別ウィンドウが立ち上がります。

01.png

 

EPG 作成・削除時のPOST メッセージ確認例

デフォルトでは、method が GET のものを含む全てのログが表示されます。

GUI 上での設定変更時のログを確認したい場合は、method が POST になりますので、Search に POST と入力します。

02.png

ここで、APIC GUI 上で EPG3 を作成・削除し、API Inspector のログを確認します。

この時、Filter にチェックを入れると、Search に該当するものだけ表示されるようになり、見やすいです。

03.png

この URI に、この payload を POST すれば、APIC GUI 上で行ったEPG3の作成・削除が同じ操作を行えます。

 

Postman を使用した REST API 送信例

先ほどの payload の中身を、JSON Editor を使用して見やすいように整形します

 

04.png

 

Postman を使用し、先ほどの URI に対して POST します。

ここで、Token was invalid と表示される場合は、再度 APIC login を送信してください(REST クライアントを用いた設定参照)

05.png