キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
cancel
告知

JTAC-Mid-Career-Recruitment-2021.8

 

APIC GUI の手引き 2

24
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント

 

 

 

0. はじめに

 

APIC GUI 手引き には GUI 上部の Tab について説明が書かれていますが、右上にもう 1 つ重要な項目が残っています。

このコンテンツでは、welcome [username] を click したときに表示される項目について簡単に説明します。

Click した際にどのような出力になるか確認したいが、手元に APIC GUI 環境がないような場合に参考にしてください。

 

01.png

 

02.png

 

 

1. AAA

 

Login している user の、認証に関する設定変更が可能です。

自分自身の設定ではなく、異なる user の認証に関する設定は、Admin > AAA から設定可能です。

03.png

 

 

2. Show API Inspector

 

GUI から行った設定に関する Troubleshooting を行う時の必須項目です。

Show API Inspector を起動すると、別 window が開き、GUI に対して行なっている HTTP request を表示することができます。

画面表示に関しては GET method が、設定に関しては POST method が使用されるため、POST で filter を行うと、GUI で行った設定のみを表示することが可能です。

API Inspector に関しては、より詳細な内容が API Inspector の活用 にも記載されています。

 

04.png

 

05.png

 

3. Documentation

 

それぞれ、API, Cobra SDK, APIC の CCO Documentation が表示されます。

API Documentation は、Class を調べるだけでなく、Event, Fault, Syslog に関して調査を行う場合にも使用します。

 

06.png


 

 

4. Start Remote Logging

 

API Inspector の外部出力用です。

URL を入力すると、その server へ情報を転送します。

 

07.png

 

08.png


 

簡易 Server として、SimpleAciUiLogServer が GitHub 上に公開されています。

詳細な使用方法は、GitHub を参照してください。

python script なので、download した後に、SimpleAciUiLogServer を python で実行するだけで動作します。

(Port を開けるため、Firewall の設定を変更する必要があるかもしれません。)

 

YUSHIMAZ-M-P0TK:scripts yushimaz$ git clone https://github.com/datacenter/SimpleAciUiLogServer 
## GitHub から file を copy
Cloning into 'SimpleAciUiLogServer'...
remote: Counting objects: 239, done.
remote: Total 239 (delta 0), reused 0 (delta 0), pack-reused 239
Receiving objects: 100% (239/239), 119.99 KiB | 0 bytes/s, done.
Resolving deltas: 100% (118/118), done.
YUSHIMAZ-M-P0TK:scripts yushimaz$
YUSHIMAZ-M-P0TK:scripts yushimaz$ cd SimpleAciUiLogServer/
YUSHIMAZ-M-P0TK:SimpleAciUiLogServer yushimaz$ ls
HISTORY.rst Manifest.in SimpleAciUiLogServer setup.cfg start_remote_logging.png
LICENSE.txt README.rst enter_remote_logging_info.png setup.py stop_remote_logging.png
YUSHIMAZ-M-P0TK:SimpleAciUiLogServer yushimaz$ cd SimpleAciUiLogServer/
YUSHIMAZ-M-P0TK:SimpleAciUiLogServer yushimaz$ ls
SimpleAciUiLogServer.py __init__.py version.py
YUSHIMAZ-M-P0TK:SimpleAciUiLogServer yushimaz$ ./SimpleAciUiLogServer.py 
## script を実行

+++WARNING+++ Using an embedded self-signed certificate for HTTPS, this is not secure.

Servers are running and reachable via:

http://10.71.49.164:8987/apiinspector 
## apic に対して http access を行っている場合、ここに表示された address を入力
https://10.71.49.164:8443/apiinspector 
## apic に対して https access を行っている場合、ここに表示された address を入力

Make sure your APIC(s) are configured to send log messages: welcome username -> Start Remote Logging
Note: If you connect to your APIC via HTTPS, configure the remote logging to use the https server.
## GUI を操作すると以下が表示される (この例では、Tenant Tab を click)

2016-10-27 13:26:52,004 DEBUG -
    method: GET
       url: http://apic1/api/node/class/fvTenant.json?subscription=yes
   payload: None
    # objs: 0
[snip]
^CExiting...  <<== ctrl+c で終了


 

 

 

5. Object Store Browser

 

別 window で object store browser (別名 Visore) が起動します。

class や dn を入力することで mo が確認できます。

moquery command の GUI 版のようなものです。

直接 https://[apic address]/visore.html と入力しても access 可能です。

 

09.png

 

10.png

 

 

6. Show Debug Info

 

現在表示している page の class や dn が画面一番下に表示されるようになります。

Object Store Browser で入力する class や dn を調べたい時に役立ちます。

 

11.png

12.png

 

 

7. About

 

現在の APIC の version が表示されます。

 

13.png

 

14.png

 

 

8. Settings

 

UI の一部設定を変更できます。

 

15.png

 

16.png

 

9. Toggle GUI Mode

 

Advanced/Basic mode を切り替えることができます。

 

17.png

 

18.png

 

10. Change Deployment Settings

 

設定変更/削除時の Warning 出力を変更できます。

 

19.png

 

20.png

 

11. Logout

 

login 画面に戻ります。

 

21.png