キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
cancel
告知

JTAC-Mid-Career-Recruitment-2021.3

 AMATopBanner2021.4.23.JPG

 2021Apr.TopBanner.JPG

 

[HyperFlex] CPU及びヒートシンク交換手順 (HX220c/240c M4)

801
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント

[交換時の注意点]

サーバ再接続時には、サーバID(Equipment > Rack-Mounts > Servers > Server X)が変わることがあります。切断前のIDを確認しておき、元に戻せるようにしておきます。

 

[交換に必要なツール]

Scenario 1— Heatsinkを再利用する場合、以下をオーダーします。

– Heat sink cleaning kit (UCSX-HSCK=)

– Thermal grease kit (UCS-CPU-GREASE3= [白いキャップ])

 

Scenario 2— Heatsinkを交換する場合、以下をオーダーします。

 Heat sink (C220M4: UCSC-HS-C220M4=, C240M4: UCSC-HS-C240M4=)

– Heat sink cleaning kit (UCSX-HSCK=)

 

[作業前確認]

- FE作業

1. 対象サーバ (Equipment > Rack-Mounts > Servers > Server X) を選択して、右画面のOverall status, Operability 等のステータスを確認します。
Avail State が Unavailable となっていても問題ありません。

 

image.png

 

2. 対象サーバ (Equipment > Rack-Mounts > Servers > Server X) を選択して、右画面の Faults タブの内容を確認しておきます。

 

image.png 

3. 対象サーバのサーバID (Server X)を記録しておきます。

 

image.png

 

  

[作業手順 - ホストシャットダウン]

1.(お客様作業)
作業対象のホスト上で動作している仮想マシン(コントローラーVMは除く)を、別のホストへ移動しておきます。

 

2.(お客様作業)
作業対象特定のために、Locator LED を点灯(Server X > General > Turn on Locator LED)してください。

 

image.png

 

3.(FE作業)
以下のドキュメントのステップ1から4の操作を行って、対象ホストをメンテナンスモードにします。
HX Connect版: https://community.cisco.com/t5/-/-/ta-p/4010929
vCenter版: https://community.cisco.com/t5/-/-/ta-p/3165288

 

4. (お客様作業)
ホストをシャットダウンします。

 

[作業手順 - パーツ交換]

 

<事前準備>

 

- FE 作業

1. ケーブルやディスクなどのパーツを元の状態に戻せるように、マーキングをしてください

 

2. Associate されている Service Profile を Disassociate します。

 

2-1. サーバメニューに移動し、右画面 General タブの Properties 内の Service Profile をクリックします。

image.png

また、後で Service Profile をサーバに元通りに Associate する必要があるので、Service Profile 名を記録しておきます。
Service Profile 名は、org-<organization名>/ls-<Service Profile名> になっています。上図の例では、"root" の下の "hx-cluster" の下に Service Profile "rack-unit-1" が設定されていることになります。

image.png

2-2. Associate されている Service Profile の設定画面が別ウィンドウで表示されます。General タブのDisassociate Service Profile をクリックします。

image.png

  

 3. 以下のドキュメントの"サーバ切断方法"を参考にして、サーバを UCSM から切り離します。
「UCSM integration 構成サーバの切断、接続方法」
https://supportforums.cisco.com/ja/document/13049466 

<交換対象CPUの取り外し>

1. サーバ電源が off であることを再度確認し、電源ケーブルと必要であればその他のケーブルをサーバから抜きます。

 

2. サーバ前面の左右のラッチを開き、スライドレールに沿ってサーバをラックの前面に引き出します。

image.png

 

3. 以下の図を参考にロックを開放し、そのままラッチを引き上げ、サーバのトップカバーを外します。

 

 

HX220c

image.png

 

HX240c

image.png

 

4. プラスドライバを使用し、取り外すCPU上のHeatsinkをネジを対角線上に緩め、マザーボードから取り外します。

image.png

 

5. CPUカバープレートを開けます。

    CPUカバープレートに、以下のマークが描かれております。

 

(開)

image.png

 

(閉)

image.png

 

  a. (開)のラッチ(1)を外し、次に(閉)のラッチ(2)を外します。

  b. CPUカバー(3)を開きます。

image.png

 

6. CPUを取り外します。

  a. 上図(5)の部分を持ち、CPUを上に上げて真上に抜きます。

  b. CPUを静電マット等、静電対策がしてあるサーフェース上に置きます。

 

7. 再利用するパーツに付着した古いグリースを除去します。

  a. CPUとHeatsinkを同時に交換

      再利用するパーツは無いためクリーニングキットは必要ありません。

  b. CPUのみを交換

      Heatsinkを再利用するため、クリーニングキットを使用してHeatsinkに付着したグリースを除去してください。

  c. Heatsinkのみ交換

      CPUをツールから一旦外し、クリーニングキットを使用して付着したグリースを除去してください。

<注意>

    交換用ブレードに装着する際、CPUのピンにグリースが付着していないことを確認して下さい。

    ピンにグリースが付着していると、CPUが認識されず、サーバが起動出来ない原因となります。

    詳しい情報は下記弊社資料をご参照ください。

 

    - UCS CPU サーマルグリースの除去と塗布

    https://supportforums.cisco.com/ja/document/12327486

 

<新しいCPUの取り付け>

交換前に、以下の記事のように、CPUに刻印されているCPU型番を確認し、交換前のものと同じであることを目視確認してください。

   https://supportforums.cisco.com/ja/document/110446

 

1. CPUをソケットに搭載します。

  a. プラスチックのフレームの部分を持ち、新しいCPUを持ち、ALIGNと書いてある部分を内側の下に向け、下図のようにCPUソケットに接続します。

image.png

 

  b. CPUを倒し、水平になるようにします。

  c. CPUカバーを閉じます。

  d. 2本のラッチを、外す時と逆の(閉)(2) -> (開)(1) マークの順に閉じます。

 

(閉)

image.png

 

(開)

image.png

image.png

 

 

2. 以下の記事の【グリース塗布】を参照し、グリースを塗布します。

    - UCS CPU サーマルグリースの除去と塗布

    https://supportforums.cisco.com/ja/document/12327486

image.png

 

 

3. Heatsinkを以下のように方向を間違えないよう、ネジを対角線上に締めて搭載します。false

image.png

 

image.png

 

4. サーバのトップカバーを閉めます。

 

5. サーバを中程で一旦ストップするまで押し込みます。

 

6. 以下の図の、両サイドにある(2)のプラスチックリリースクリップを押しながらサーバを更に押し、ラックに収納します。

image.png

  

7. 以下のドキュメントの"サーバ接続方法"を参考にして、サーバを UCSM に接続します。
[HyperFlex]
UCSM integration 構成サーバの切断、接続方法

 

8. UCSMで対象サーバ (Equipment > Rack-Mounts > Servers > Server X) を選択して、右画面で Inventory -> CPUs を選択し、交換したCPU(Processor 1もしくは2)の情報を確認し、正常に認識されているかを確認してください。

image.png 

 

9. サーバに元の Service Profile を Associate します。

 

<ホスト起動>

1.(お客様作業)
ホストを起動します。

 

2.(FE作業)
以下のドキュメントのステップ5の操作を行って、対象ホストのメンテナンスモードを終了します。
HX Connect版: https://community.cisco.com/t5/-/-/ta-p/4010929
vCenter版: https://community.cisco.com/t5/-/-/ta-p/3165288

 

<作業後確認>

- FE 作業

1. 対象サーバ (Equipment > Rack-Mounts > Servers > Server X) を選択して、右画面のOverall status, Operability 等のステータスを確認します。
Avail State が Unavailable となっていても問題ありません。

 

2. 対象サーバ (Equipment > Rack-Mounts > Servers > Server X) を選択して、右画面の Faults タブの内容を確認し、想定外の Faults が発生していないことを確認します。

 

[参考資料]