キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
cancel
告知

JTAC-Mid-Career-Recruitment-2021.3

 AMATopBanner2021.4.23.JPG

 2021Apr.TopBanner.JPG

 

[HyperFlex] Storage-data ネットワークのMTUを Jumbo frame から 1500 へ変更する方法

457
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント

 

前提条件

変更前に、以下を確認、実施してください。

  • stcli cluster info で クラスタが online であるか、healthy であるかを確認する
  • その後、全ユーザVMをシャットダウンし、任意のSCVMから stcli cluster shutdown コマンドでクラスタをシャットダウンする

 

変更手順

Step 1. 全SCVM の eth1のMTU値を1500に設定する

お客様が HX インストール時に設定した Jumbo Frame 設定を スタンダードなMTU値に変更するには、以下の手順が必要となります。

  1. 各SCVMにSSHで接続します。
  2. /etc/network/eth1.interfaceを編集します。
    root@bsv-hxaf220-sc-2-2:~# vi /etc/network/eth1.interface
    # This file has been auto-generated during Springpath Controller setup.

    auto eth1
    iface eth1 inet static
    address 192.168.20.12
    netmask 255.255.255.0
    metric 101
    mtu 9000

    dns-nameservers 144.254.71.184 173.38.200.100
  3. mtu 9000 を、mtu 1500 に変更します。
  4. 変更を保存します。
  5. ネットワークサービスをリスタートします。もしリスタートに失敗した場合は、インタフェースのダウン/アップをお試しください (リンクアップまで数秒要します)。
    # /etc/init.d/networking restart

    # ifdown eth1 ; ifup eth1
  6. MTUが変更されたことを確認します。
    # ip link show eth1
    2: eth1: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc mq state UP mode DEFAULT group default qlen 1000    link/ether 00:0c:29:2f:5a:20 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
  7. 上述の手順、1 - 6 をクラスタ内全てのSCVMに対して実施します。

 

Step 2. 各 ESXi ホスト上で、vCenter から vSwitch と port-group 上で設定されている MTU を1500にする

(注) UIメニューのパスは、vSphere interface に、vSphere Web Client もしくは vSphere Client どちらが使われているかによって表示が変わりますのでご注意ください。本記事では、vSphere web client を使用して変更しております。

 

  1. 変更対象のhost > Configure > Networking > Virtual Switches を選択し、情報をアップデートします。
    - vswitch-hx-storage-data の vSwitch を選択し、Edit (鉛筆のアイコン) をクリックします。Propertiesを選択し、MTUを1500に変更します。
    image.png
    - vmotion の vSwitch を選択し、Edit (鉛筆のアイコン)をクリックします。Propertiesを選択し、MTUを1500に変更します。
    image.png

  2. port group をアップデートするため、変更対象のhost > Configure > Networking > VMkernel adapters を選択します。
    - ネットワークラベルStorage Hypervisor Data Network に一致するデバイス(例としてvmk1)を選択し、Edit (鉛筆のアイコン)をクリックします。NIC 設定を選択し、MTU値を1500に変更してOKをクリックします。
    image.png
    - Vmotion port group を設定済で存在する場合、ネットワークラベルvmotion port groupに一致するデバイス(例としてvmk2)を選択し、Edit (鉛筆のアイコン)をクリックします。NIC 設定を選択し、MTU値を1500に変更してOKをクリックします。
    image.png
  3. step2-1, 2-2 を全てのホストに対して実施します。

 

Step 3. UCSMでQoSを変更

UCSMでQoSを変更することで、短時間のトラフィック中断が発生する場合があります。同じUCSドメインにHX以外のUCSサーバが存在していないか等、十分注意を払って実行してください。

  1. UCSMより、LAN > LAN CLOUD > QOS System Class を選択してください。
  2. プルダウンメニューから、Platinum と Bronze の MTU を 9216 から normal に変更してください。
  3. スクロールし、一番下にあるSaveボタンをクリックします。
    image.png
  4. Service profile template の vNIC policy を変更します。
    - LAN > Policies > Root > Sub-organizations > <hx-cluster> > vNIC  Templates > <Template for storage-data> もしくは <hv-vmotion> の順にクリックし、MTU値を 9000 から 1500 へ変更し、右下の Save Changes をクリックします。
    image.png

最後に、stcli cluster start でクラスタを起動させ、ユーザVMを起動してください。