キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
cancel
告知

JTAC-Mid-Career-Recruitment-2021.3

 MayCL_topbanner.JPG

 

[Tetration] (Ver. 2.1.1.x 以前) Technical Support Data の生成と取得方法

540
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント

<<注意>>

本記事は、Tetration Analytics 2.1.1.x 以前の バージョンについての情報となります。

バージョン 2.2.1.x 以降は取得方法が一部異なりますため、以下の記事をご参照ください。

[Tetration] (Ver. 2.2.1.x 以降) Technical Support Data の生成と取得方法

https://supportforums.cisco.com/t5/-/-/ta-p/3339256

 

[概要]

Tetrationにおいて、ノード前面の各種ステータスLEDや、パワーサプライ, HDD自体のAmber LEDが点灯するなど、ハードウェア障害が疑われる場合には、詳細確認のためにTechnical Support Data (Tech Support)の取得を依頼させて頂く場合があります。以下の手順に従って、対象ノードのTech Support を作成&取得してください。

尚、Site Admin の権限のみですと取得が出来ませんので、必ず、"Customer Support"のRoleを持ったユーザーでログインをして操作してください。

ログインしているユーザーのRole確認は、以下の操作で行うことができます。

image.png

 

[手順概要]

(1)対象ノードのCIMC IP アドレスの確認。

(2)Exploreの画面へアクセス。

(3)Exploreから、対象ノードのCIMCに対し、ping疎通が可能か確認。

(4)Exploreから、get_cimc_techsupportコマンドを実施し、5分ほど待つ。複数あるtsdbBosunGrafana インスタンスの何れかにTech Support が作成される。

(5)Snapshots画面へアクセスし、取得対象hosttsdbBosunGrafanaX(39RUX=1~3, 8RUX=12)全インスタンスを指定し、snapshotを作成、ダウンロードする。

(6)\tet-snapshot\tsdbBosunGrafana-X\local\logs(Xは任意の数字)以下に生成されているため、順番に確認していくと、cimc_techsupport_<Serial Number>.tar.gz というTech Support ファイルが確認できる。

  

[手順詳細]

(1) 対象ノードのCIMC IP アドレスの確認

Maintenance -> Cluster Status より、対象ノードが表示されている行の任意の箇所をクリックすると、CIMC IP 情報を含むノード情報が表示されます。以下は、FCH19123456というシリアル番号を持つノードの情報を示しております。

image.png

CIMCのIPアドレスは、192.168.0.26 であることが確認できます。

参考までに、シリアル番号の代わりに指定できる Private IP アドレスは、1.1.0.30 です。

 

 

(2) Explore 画面へアクセスします。

image.png

 

(3) Exploreから、対象ノードのCIMCに対し、ping疎通が可能か確認します。


POST シリアル番号 ping?args=<IP-address>

 

pingが通りませんと、Tech Support は生成できません。

image.png

 

(4) Exploreから、get_cimc_techsupportコマンドを実施し、5分ほど待ちます。バージョンによりコマンドが一部変わりますのでご注意ください。

また、UCSサーバのように、Tech Support 生成の進捗情報は表示されませんのでご注意ください。

 

 

POST <Bare Metal Node Name もしくは Private ip>  get_cimc_techsupport

image.png

 

(5) Snapshots画面へアクセスし、取得対象hosttsdbBosunGrafana 全インスタンスを指定し(どのインスタンスにTech Support が保存されるかはタイミングによってランダムなため)snapshotを作成し、クライアントPCにダウンロードします。

tsdbBosunGrafanaインスタンスは、39RU3つ、8RU2つです。

logs以外のyarn等々のログはこの場合必要ではありませんので、チェックを外すことでサイズダウン出来ます。

image.png

 

(6) ダウンロード完了後、SnapshotTech Support を含んでいるか、確認します。

Tech Support \tet-snapshot\tsdbBosunGrafana-X\local\logs以下に生成されます。Xの数字を変えて順番に確認していくと、複数あるインスタンスのうちの1つにcimc_techsupport_<Serial Number>.tar.gz というファイルが生成されているはずです。これがTech Support ファイルとなります。以下の例では、2番目のインスタンスに保存されていることが分かります。

image.png

 

確認が出来ましたら、Snapshotから抽出したTech Support Snapshot をシスコTACへアップロードしてください。

 

(参考サイト) Cisco Technical Assistance Center にファイルをアップロードする方法

https://www.cisco.com/c/ja_jp/about/security-center/tac-customer-file-uploads.html