キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
cancel
告知

JTAC-Mid-Career-Recruitment-2021.3

 MayCL_topbanner.JPG

 

[UCS C] C3160/3260 TPM 交換手順

107
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント

<注意> TPMは付け替えて再利用できないため、取り外しの手順はありません。

返却時は、Server Node に付けたまま返却してください。

 

[作業手順]

- お客様作業 (FE 作業前)

1. Server Node 上に搭載されている OS をシャットダウンして電源をoffにし、電源ケーブルを抜きます。

    抜いた電源ケーブルは、元に戻せるよう予めラベリングをしてください。

 

- FE 作業

1. 機器の電源が off であることを確認し、シャーシ後方から Server Node の両側にあるレバーを掴み、左右に力を入れ、Server Node をシャーシから押し出します。

 

 

2. 押し出された Server Node を水平方向にシャーシから引き出します。

3. 天板にあるラッチを水平方向から垂直方向に持ち上げ、反時計回りに回してから、天板をレバーのある側にスライドさせます。TPMスロットの位置を確認します。

 

4. TPMをソケットに押し込み、single one-way screw(締める右回りにしか回ないネジ) でマザーボードに固定します。

5. 天板を閉めた後、Server Node を元のスロットに戻します。

 

6. 電源をonにし、CIMCから

    Server -> Inventory -> TPM

  で表示される項目を確認し、TPMが正常に認識されていることを確認します。

7. BIOS上でTPM Support Enableにします。

    Enableにする手順については、以下の記事をご参照ください。

 

    - UCS Cシリーズ - TPMの設定方法

    https://supportforums.cisco.com/ja/document/12110086

 

 

- お客様作業 (FE 作業後)

1. OSを起動し、動作に問題ないことを確認します。

[参考資料] 

  - Cisco UCS C3160 Server Installation and Service Guide

    http://www.cisco.com/c/en/us/td/docs/unified_computing/ucs/c/hw/C3160/install/C3160/replace.html