キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
cancel
122
閲覧回数
5
いいね!
0
コメント
higoto
Cisco Employee
Cisco Employee

本ドキュメントでは、Intersight に登録され Server Profile が適用されている UCS C220M5/C240M5 の VIC (PCIe) の交換手順について説明いたします。

 

 

[交換対象パーツ]

  • UCSC-PCIE-C100-04:Cisco VIC 1495 PCIe デュアルポート40/100G QSFP28
  • UCSC-PCIE-C40Q-03:Cisco VIC 1385 デュアルポート 40 Gb QSFP+ CNA w/RDMA
  • UCSC-PCIE-C25Q-04:Cisco VIC 1455 VIC PCIE –クワッドポート 10/25G SFP28

 

 

[作業前確認]

- FE 作業 

  1. CIMC の [シャーシ] タブで [障害とログ] メニューを選択し、右画面の [障害の概要] を確認して、Fault の有無を確認します。
    こちらのFaultについては後ほど確認するため、念のためメモしておいて下さい。
    1.png

  2. [インベントリ] メニューを選択し、右画面の [PCIアダプタ] で対象のVIC の Firmware バージョンを確認します。
    ※ハージョンを確認するには、サーバを起動しておく必要があります。
    2.png

 

 

[作業手順] 

事前に Intersight で Server Profile の割り当て解除をすることなく、交換作業は可能になっています。 

- お客様作業 (FE 作業前) 

  1. 該当サーバのOSをシャットダウンし、電源をoffにします。

  2. 作業対象特定のために、CIMCの以下のメニューでLocator LEDを点灯してください。
    higoto_0-1643287745790.png

 

- FE 作業 

  1. 交換対象の VIC の位置(スロット)を確認します。
    [C220M5]
    4.png

    [C240M5]
    5.png

  2. 作業対象サーバに接続されている電源ケーブルにラベリングを行い、元に戻せる状態にしてから電源ケーブルを抜きます。

  3. サーバをラックから引き出してください。ネットワークケーブルなども抜かなければ、サーバをラックから引き出せない場合は、その他ケーブル類にもラベリングを行ってから抜いてください。

  4. 以下の図を参考にロックを開放し、そのままラッチを引き上げ、サーバのトップカバーを取り外します。
    7.PNG

  5. 交換対象の VIC が搭載されている PCIe ライザーを、サーバから取り外します。

  6. VIC を交換して、PCIe ライザーを元に戻します。
    ※PCIe ライザーから既存の VIC を取り外す方法と取り付ける方法は、以下の機種(URL)をクリック後、「PCIe カードの交換」部分をご参照ください。
     
    C220 M5
     ・C240 M5

  7. トップカバーを元に戻して、サーバ・シャーシをラックに収納します。

  8. 電源ケーブル、ネットワークケーブルを元通りに接続します。

  9. システムを起動し、VIC の Firmwareバージョンを確認します。 交換前とバージョンが異なる場合、以下のいずれかの方法で、 VIC の Firmware を交換前のバージョンと合わせます。

    ・Host Upgrade Utilityを使用したFirmwareのアップグレード
     https://community.cisco.com/t5/-/-/ta-p/3730478 
     ※ HUUのISOファイルをダウンロードしておく必要があります。
    ・[Intersight] UCS Server の Server Firmware アップグレード手順
     https://community.cisco.com/t5/-/-/ta-p/4508053 
     ※ この方法でバージョンを変更するには、該当UCSサーバに Utility Storage(Flexflash 等)が搭載されている必要があります。

 

 

[交換後の確認手順]

- FE 作業 

  1. CIMC GUI にアクセスし、[インベントリ] メニューを選択し、右画面の [PCIアダプタ]確認し、交換したVICが正常に認識されているか、Firmwareバージョンが元通りであることを確認します。
    2.png

     

  2. [シャーシ]タブで[障害とログ]メニューを選択し、右画面の[障害の概要]を確認して、新しくFaultが発生していないことを確認します。
    1.png

  3. VICの設定をリストアするため、対象サーバに割り当てられている サーバプロファイルを割り当て直します。

    ※サーバを起動していない状態では、サーバプロファイルの割り当ては行えません。

    Intersight にて、運用 > サーバ 画面を表示し、"Add Filter"に交換対象サーバのシリアル番号を入力してリターンキーを押下します。画像1.png

    交換対象サーバのみが表示されるので、そのサーバプロファイル名(写真の例では"jc240d-import")を確認します。
    画像2.png

    設定 > プロファイル > サーバプロファイル の画面を表示し、対象サーバに割り当てられているサーバプロファイルの右端の「...」プルダウンメニューより「編集」を選択した後、ステップ 2 で 「すぐに指定します」 にて 対象サーバを選択し、設定はそのままの状態で「次へ」をクリックし最後のステップまで進め、「Deploy」をクリックします。
    pin03.png

    サーバプロファイルの割り当てが完了したら、ステータス が Out of Sync から OK になっていることを確認します。
    pic02.png

- お客様作業 
 OSを起動し、動作に問題ないことを確認します。

 

- FE 作業 
 OS起動後でも、交換前と比べて新しくFaultが発生していないか、CIMCの[シャーシ]タブで[障害とログ]メニューを選択し、右画面の[障害の概要]で確認します。

 

 

[参考資料]

 

 

以上

Getting Started

検索バーにキーワード、フレーズ、または質問を入力し、お探しのものを見つけましょう

シスコ コミュニティをいち早く使いこなしていただけるよう役立つリンクをまとめました。みなさんのジャーニーがより良いものとなるようお手伝いします: