キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
cancel
告知

JTAC-Mid-Career-Recruitment-2021.3

CSC-campaign.JPG

 

UCSMにIntegrationされたC SeriesサーバのmLOMカードの交換手順

265
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント

本ドキュメントでは、UCSMにIntegrationされたC Seriesサーバ UCS C220M5/C240M5 のmLOMカードの交換手順についてご説明いたします。

 

[作業前確認] 

- FE作業

1. mLOMカードの情報を確認します。
(Equipment > Rack-Mounts > Servers > Server X に移動、右画面「Inventory」タブ配下、「Adapters」タブを選択します。
該当mLOMカードが認識されているかどうかを確認し、カードの「PID情報」を確認します。)
※Overall Status、Operability、Thermalのステータスは「NA」で問題ありません。

mlom status.png

2. mLOMカードのバージョンを確認します。
(Equipment > Rack-Mounts > Servers > Server X に移動、右画面「Installed Firmware」タブで交換前mLOMカードの「Running Version」を確認します。)

mlom version.png

 

[作業手順]

- お客様作業 (FE 作業前)  

1. OSをシャットダウンします。
(Equipment > Rack-Mounts > Servers > Server X に移動、右画面Action内で「Shutdown Server」をクリック、Gracefully shutdown OSにチェックが入っている事を確認、OK をクリックします。)

shutdown.png

2. 作業対象特定のために、以下のメニューでLocator LEDを点灯させます。
(Equipment > Rack-Mounts > Servers > Server X に移動、右画面Action内で「Turn on locator LED」を選択します。)

LED.png

- FE 作業

3. 該当サーバに適用されているService ProfileのDisassociationを実施、完了を待ちます。
(Equipment > Rack-Mounts > Servers > Server X に移動、右画面Properties内で該当「Service Profile」を選択、開いたウィンドウ内で「General」タブを選択、Actions項目から「Disassociate Service Profile」を選択、確認画面で Yesを選択します。)

decomission.pngdisasso-3.jpg

4. 該当サーバのDecommission実施、完了を待ちます。
(Equipment > Rack-Mounts > Servers > Server X に移動、右画面Action内で「server maintenance」をクリック、Maintenance Server画面で、「Decommission」を選択、OK をクリックします。)

decomission.png

5. 交換対象のサーバのシャーシに接続されている電源ケーブルと、その他のケーブルにラベリングを行い、元に戻せる状態にしてからケーブルを抜きます。

6. サーバ前面ラッチ部分を引き上げ、スライドレールに沿ってサーバをラックの前面に引きます。

7. 以下の図を参考に②のロックを開放し、そのままラッチを引き上げ、サーバのトップカバーを外します。

[C220M5]

c220 top.png

[C240M5]

c240 top.png

8. mLOMカードの搭載位置を特定し、マザーボードから取り外します。

[C220M5]

C229 M5 MLOM SLOT.png

[C240M5]

 c240 m5 mlom slot.png

9. 新しいmLOMカードを取り付けた後、外したケーブルやトップカバー、引き出したサーバを元の状態、位置に戻します。

10. 該当サーバのRecommission実施、完了を待ちます。
(Equipment > Rack-Mounts に移動、右画面「Decommissioned」タブを選択、Rack-Mounts配下、該当サーバの「Recommission」にチェックが入っていることを確認、右下 Save Changes をクリックします。)
※Recommission実施後、暫くしてからサーバの Discovery が開始され、完了すると該当サーバが「Unassociated」のステータスになります。

decommi-2.png

11.該当サーバにService Profileを再適用、完了を待ちます。
(Servers > Service Profile 配下、該当Service Profileを選択、右画面Actions内で「Change Service Profile Association」を選択、Associate Service Profile画面で「Select existing Server」で該当サーバを選択、OKをクリックします。)
association.jpg

12.Service ProfileのAssociateが完了したら、mLOMカードのFirmwareバージョンを確認します。

■ Service ProfileにFirmwareのポリシーが設定されている場合
Service Profileに該当バージョンがあるFirmwareのポリシーが設定されている場合、Associateすることにより、交換したパーツのFirmwareが自動的にアップデートされます。

mlom version.png

■ Service ProfileにFirmwareのポリシーが設定されていない場合
※以降はFirmwareが交換前と異なる場合に実施

(1) 「Installed Firmware」タブ内の「Update Firmware」をクリックし、新たに開いた Update Firmware 画面で、該当サーバーのmLOMカードを選択、「Backup Version」項目内のバージョンを交換前のバージョンへ変更し 、Applyをクリックします。
「Update Status」がReadyになるのを待ち、画面を OK ボタンで閉じます。

update firmware.png

(2) 「Installed Firmware」タブ内の「Activate Firmware」をクリックし、新たに開いた Activate Firmware 画面で、該当サーバーのmLOMカードを選択、「Startup Version」項目内のバージョンを交換前のバージョンへ変更し、Applyをクリックします。
「Activate Status」がpending-next-bootとなるのを待ち、画面を OK ボタンで閉じます。

activate firmware.png

(3) Serverをリセットします。
(Equipment > Rack-Mounts > Servers > Server Xに移動、右画面 「General」タブ内 Actionsより、「Reset」を実施します。)

reset.png

 

[作業後確認]

- FE 作業

1. mLOMカードのFirmwareバージョン(Running Version)を確認します。
(Equipment > Rack-Mounts > Servers > Server Xに移動、右画面「Installed Firmware」タブで交換前Adapterカードの「Running Version」を確認します。)

mlom version.png

2. 該当サーバのアダプタのNICs、HBAsのステータスを確認します。
(Equipment > Rack-Mounts > Servers > Server X > Adapters > Adapter X > NICs or HBAsに移動、右画面で「Operability」を確認します。)after status.png

 

3. 該当サーバのFaults状況を確認します。
(Equipment > Rack-Mounts > Servers > Server Xに移動、右画面の「Faults」タブの内容を確認し、想定外のFaultsが発生していないことを確認します。)

faults.png

- お客様作業

4. OSをブートさせます。
(Equipment > Rack-Mounts > Servers > Server Xに移動、右画面Action内で「Boot Server」をクリック、OK をクリックします。)

power on.png

 

5. OSレベルの動作確認を実施します。