キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
cancel
8242
閲覧回数
21
いいね!
0
コメント
Hiroto Kowata
Cisco Employee
Cisco Employee

FTPセッションを確立する際にactiveモードではポート21番をコントロールセッション、20番をデータセッションに使用します。

これらのポート番号をもつトラフィックが許可されていなければ、ルータを経由するFTPセッションは失敗してしまいます。

以下のACLを使用することでこの状況を回避することができます。

access-list 101 permit tcp any any eq 21  
!--- 任意のIPアドレスのポート21番へのTCPトラフィックを許可

access-list 101 permit tcp any eq 20 any
!--- 任意のIPアドレスに対するポート20番からのTCPトラフィックを許可

一方、FTPセッションを拒否する場合にはポート21番のTCPトラフィックをdenyします。これはコントロールセッションがFTPサーバに対して届かないようにすればデータセッションは開始されないのでポート20番までdenyする必要はないからです。

以下のACLによってFTPセッションをdenyできます。

access-list 101 deny tcp any any eq 21

Getting Started

検索バーにキーワード、フレーズ、または質問を入力し、お探しのものを見つけましょう

シスコ コミュニティをいち早く使いこなしていただけるよう役立つリンクをまとめました。みなさんのジャーニーがより良いものとなるようお手伝いします:




世界を支援するプログラムに参加しましょう