キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
cancel
告知

JTAC-Mid-Career-Recruitment-2021.8

 

LISPの基本 その2:基本設定

3104
閲覧回数
10
いいね!
2
コメント

 

ここでは最小構成、最小設定を見ていきます。
※InterfaceのIPアドレスの設定は掲載を省略します。
※ルータにルーティングの設定は必要ございません。

下記も合わせてご参照ください。
LISPの基本 その1:概要
LISPの基本 その3:トラブルシュートに使うコマンド

 


1) NW構成

ルータが2台あればLISPの動作を確認できます。
1台はMS/MR兼xTRになります。
片方のEIDには端末を他方はLoopback InterfaceをEIDとました。
(両方ともLoopback Interfaceでも構いません)


2) R200(xTR)の設定

R200をxTRとして設定します。

router lisp
database-mapping 10.0.0.0/24 IPv4-interface Ethernet0/2 priority 1 weight 100
ipv4 itr map-resolver 192.168.2.11
ipv4 itr
ipv4 etr map-server 192.168.2.11 key w
ipv4 etr
exit

2.1) EIDとRLCOのMapping設定

EID:10.0.0.0/24 をRLOC:Interface e0/2に紐づけています。
priorityやweightは複数のRLOCがあるときに優先順位や負荷分散の配分に使います。

database-mapping 10.0.0.0/24 IPv4-interface Ethernet0/2 priority 1 weight 100

2.2) ITRの設定

MRのアドレスとITRであることを設定します。

ipv4 itr map-resolver 192.168.2.11
ipv4 itr

2.3) ETRの設定

MSのアドレスとETRであることを設定します。
keyはMSにも設定します。MSと一致する必要があります。

ipv4 etr map-server 192.168.2.11 key w
ipv4 etr

3) R201(xTR&MS/MR)の設定

R201をxTR兼MS/MRとして設定します。
EID-RLOCのMappingの設定方法を変えています。

router lisp
locator-set R201_RLOC
IPv4-interface Ethernet0/2 priority 1 weight 100
exit
!
site R200
authentication-key w
eid-prefix 10.0.0.0/24
exit
!
site R201
authentication-key w
eid-prefix 172.19.0.11/32
exit
!
database-mapping 172.19.0.11/32 locator-set R201_RLOC
ipv4 map-server
ipv4 map-resolver
ipv4 itr map-resolver 192.168.2.11
ipv4 itr
ipv4 etr map-server 192.168.2.11 key w
ipv4 etr
exit

3.1) MS/MRの設定

EIDの情報を設定します。
authentication-keyはxTRのipv4 etr map-server x.x.x.x keyに一致させます。

site R200
authentication-key w
eid-prefix 10.0.0.0/24
exit
!
site R201
authentication-key w
eid-prefix 172.19.0.11/32
exit

MS、MRとして動作することを設定します。

ipv4 map-server
ipv4 map-resolver

3.2) xTRの設定

ここではEID-RLOCのMappingをlocator-setで定義しています。

locator-set R201_RLOC
IPv4-interface Ethernet0/2 priority 1 weight 100
exit

EIDとlocator-setを紐づけます。

database-mapping 172.19.0.11/32 locator-set R201_RLOC

内容としては下記と同じ設定になります。

database-mapping 172.19.0.11/32 IPv4-interface Ethernet0/2 priority 1 weight 100

ITR/ETRの設定はR200と同様です。

ipv4 itr map-resolver 192.168.2.11
ipv4 itr
ipv4 etr map-server 192.168.2.11 key w
ipv4 etr

4) 動作確認

4.1) MS/MR

xTRからのMap-RegisterでEIDとRLOCのMappingが登録されていることを確認します。
自動的にMappingは登録されます。

R201#sh lisp site
LISP Site Registration Information
* = Some locators are down or unreachable

Site Name Last Up Who Last Inst EID Prefix
Register Registered ID
R200 00:00:12 yes 192.168.2.10 10.0.0.0/24
R201 00:00:38 yes 192.168.2.11 172.19.0.11/32

未登録の場合は下記のようになります。

R201#sh lisp site 
LISP Site Registration Information
* = Some locators are down or unreachable

Site Name Last Up Who Last Inst EID Prefix
  Register Registered ID
R200 never no -- 10.0.0.0/24
R201 never no -- 172.19.0.11/32

4.2) xTR

ノートPC(R200のEID)から対向のEID(R201のLoopback0)にPingを送信します。
R200およびR201はお互いのEIDのアドレスに対してのルーティングは知りません。

始めのPingは失敗します。
これはR200がMap-cacheを持っていないためです。
通信が発生した際にMap-RequestとMap-Replyの交換が行われてMap-cacheが作成されます。

PC#ping 172.19.0.11
Type escape sequence to abort.
Sending 5, 100-byte ICMP Echos to 172.19.0.11, timeout is 2 seconds:
.!!!!
Success rate is 80 percent (4/5), round-trip min/avg/max = 1/2/5 ms

Map-cacheは次のように確認できます。
0.0.0.0/0はDefault Routeのようなものです。
該当するEntryがないとMap‐requestを送信します。

R200#sh ip lisp map-cache 
LISP IPv4 Mapping Cache for EID-table default (IID 0), 2 entries

0.0.0.0/0, uptime: 00:00:15, expires: never, via static send map-request
Negative cache entry, action: send-map-request

172.19.0.11/32, uptime: 00:00:05, expires: 23:59:54, via map-reply, complete
Locator Uptime State Pri/Wgt
192.168.2.11 00:00:05 up 1/100

以上、その2でした。

コメント
yukiyosh
Cisco Employee

これまでLISPのわかりやすいものがCSCやCCOになかったので、

今後も続編を期待してます。

hirohase
Beginner

priorityやweightは複数のRLOCがあるときに優先順位や負荷分散の配分に使うとのことですが、具体的にどのように使うのかご教示頂けますでしょうか。
特にweightの動作がよく分かりません。