キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
cancel
告知

JTAC-Mid-Career-Recruitment-2021.8

 

PPM : Prime Performance Manager で一部のデバイス管理コマンドは、ゲートウェイ ( GW ) 側で実行する必要がある。

336
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント

 

 

はじめに

Prime Performance Manager ( 以下 PPM ) では、登録デバイス「Unknown」ステータスが一定期間に ( デフォルトでは 7日間 続く場合、PPM GUI  [ Network ] > [ Devices ] 画面から表示されなくなりますが、PPM CLI からppm print device」コマンドで該当デバイスが確認できます。こちらは論理的な削除となり、デバイスステータスが「Deleted」に切り替わり、PPM ではこれ以上該当デバイスの情報を収集しなくなります。

 

デバイスステータスが「Unknown」から「Deleted」になる期間を「ppm unknownage」コマンドで日数の変更が可能です。

 

Unknownage の設定は GW の properties を参照しますので、「ppm unknownage」による日数変更とppm print device」の出力は、GW 側で実行する必要があります。

 

   [root@ppm ~]# /opt/CSCOppm-gw/bin/ppm unknownage
  [root@ppm ~]# /opt/CSCOppm-gw/bin/ppm print device

 

但し、以下内容についてご注意ください。

 

GW 側で日数を7日以上に変更する場合:

 7日が経つと「/opt/CSCOppm-unit/bin/ppm print device」の出力でデバイスステータスが「Deleted」に切り替わり、デバイスが削除されているように見えます。

GW 側では日数変更を行わず、Unit 側で「/opt/CSCOppm-unit/bin/ppm unknownage」による日数変更を行う場合:

 デフォルトの 7日後にデバイスが論理削除されます。

 

 

詳細内容

1. PPMGUI画面で、[ Network ] > [ Devices ] を順にクリックして、登録デバイスのステータス Unknown になっていることを確認します。 1.jpg

 

2. PPM CLI にログインして、「ppm print device」の出力からデバイスステータスが Unknown であることが確認できます。

 [root@ppm ~]# /opt/CSCOppm-unit/bin/ppm print device

        name = 172-1-1-4.lightspeed.hstntx.sbcglobal.net
        state = Unknown
      sysDescr = null

        name = 172-1-1-3.lightspeed.hstntx.sbcglobal.net
        state = Unknown
      sysDescr = null

        name = 10.71.224.6
        state = Unknown
      sysDescr = null

 [root@ppm ~]# /opt/CSCOppm-gw/bin/ppm print device

        name = 172-1-1-4.lightspeed.hstntx.sbcglobal.net
        state = Unknown
      sysDescr = null

        name = 172-1-1-3.lightspeed.hstntx.sbcglobal.net
        state = Unknown
     sysDescr = null

        name = 10.71.224.6
        state = Unknown
      sysDescr = null

 デフォルトでは7日後に上記デバイスが「Deleted」になります。

 

3. GW で「ppm unknownage」を7日以上に設定します。ここで例として 30 日に設定します。Unit では設定をデフォルトのままにします。

[root@ppm ~]# /opt/CSCOppm-gw/bin/ppm unknownage

  This option configures the number of days an object will remain
  in Unknown state before being automatically deleted.

  Setting this value to 0 means delete at next poll cycle, which
  will occur approximately one hour after server restart.

  Current value is:  30

  Enter number of days before automatic object deletion:
  Number of days before automatic object deletion not changed.

[root@ppm ~]#  /opt/CSCOppm-unit/bin/ppm unknownage

  This option configures the number of days an object will remain
  in Unknown state before being automatically deleted.

  Setting this value to 0 means delete at next poll cycle, which
  will occur approximately one hour after server restart.

  Current value is: 7

  Enter number of days before automatic object deletion:
  Number of days before automatic object deletion not changed.

 

4. 上記設定変更がproperties上に更新されていることが確認できます。

 [root@ppm ~]# grep AGING_TIMEOUT /opt/CSCOppm-gw/properties/Server.properties
      # DELETE_AGING_TIMEOUT is the minimum delete aging timeout
      # DELETE_AGING_TIMEOUT = 7
      # UNKNOWN_AGING_TIMEOUT is the unknown aging timeout value for server.
      # UNKNOWN_AGING_TIMEOUT = 7
      UNKNOWN_AGING_TIMEOUT    = 30 ★

      [root@ppm ~]# grep AGING_TIMEOUT /opt/CSCOppm-unit/properties/Server.properties
     # DELETE_AGING_TIMEOUT is the minimum delete aging timeout
     # DELETE_AGING_TIMEOUT = 7
     # UNKNOWN_AGING_TIMEOUT is the unknown aging timeout value for server.
     # UNKNOWN_AGING_TIMEOUT = 7

 

5. 7日後 PPM CLI にログインして、「ppm print device」コマンドでデバイスのステータスを確認すると、以下のように unit ではデバイスのステータスが「Deleted」に切り替わっていることが確認されます。

[root@ppm ~]# /opt/CSCOppm-unit/bin/ppm print device

        name = 172-1-1-4.lightspeed.hstntx.sbcglobal.net
        state = Deleted
      sysDescr = null

        name = 172-1-1-3.lightspeed.hstntx.sbcglobal.net
        state = Deleted
      sysDescr = null

        name = 10.71.224.6
        state = Deleted
      sysDescr = null

 

但し、GW 側の出力では「Unknown」のままで、PPM GUI の [ Network ] > [ Devices ] 画面から該当デバイスが「Unknown」ステータスで表示されます。

[root@ppm ~]# /opt/CSCOppm-gw/bin/ppm print device

        name = 172-1-1-4.lightspeed.hstntx.sbcglobal.net
        state = Unknown
      sysDescr = null

        name = 172-1-1-3.lightspeed.hstntx.sbcglobal.net
        state = Unknown
      sysDescr = null

        name = 10.71.224.6
        state = Unknown
      sysDescr = null

 

6. もし GW で変更を行わず、Unit で「unknownage」日数の設定を変更した場合、デバイスは 7日後に「Deleted」に切り替わります。

    もし7日以下に設定する場合、設定した日数を経過後、Unit 側の「ppm print device」の出力ではデバイスステータスが「Deleted」に切り替わります。

 

 

参考情報

Cisco Prime Performance Manager 1.7 User Guide

 https://www.cisco.com/c/dam/en/us/td/docs/net_mgmt/prime/performance/1-7/user/guide/PrimePerformanceManager-1-7-UserGuide.pdf

 ※「ppm unknownage」、ppm print deviceの部分をご参考ください。