キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
cancel
告知

JTAC-Mid-Career-Recruitment-2021.8

 

IOS-XE: BGP プロセスによるメモリリーク

215
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント

2021 年 10 月 29 日 (初版)

TAC SR Collection
主な問題

BGP プロセスのメモリリークが発生する場合があります。
メモリリークが進行することにより、BGP セッションが不安定になる、
機器の動作が不安定になる、などの問題が発生します。

以下の show ip bgp all summary コマンドの出力結果から、赤字部分の数値を定期的に確認することにより、メモリ使用量の増加を確認できます。

#show ip bgp all summary 
For address family: IPv4 Unicast
BGP router identifier xx.xx.xx.xx, local AS number 12345
BGP table version is 1812632, main routing table version 1812632
844156 network entries using 209394653 bytes of memory
3575216 path entries using 486242660 bytes of memory
719468/142504 BGP path/bestpath attribute entries using 207257634 bytes of memory
原因

この問題は CSCvy90726 として報告されています。
CSCvy90726 BGP Memory Leak after upgrading to 17.3.x due to Duplicate Attribute Entries

この問題は BGP Attribute を変更する Inbound policy を設定していると発生する場合があります。
また、この問題は 
CSCsz56297 を対応した際に盛り込まれた問題です。

解決策

暫定回避策:
router bgp 配下に "no bgp route-map-cache" を設定することでメモリリークの進行を止められます。
既に発生したメモリリークを解消するためにはルータを再起動してください。

恒久対策:
CSCvy90726 の問題が改修されたソフトウェアを使用してください。

備考
本不具合は、Bug Search Tool でも確認できます。
各製品の TAC SR Collection の一覧は、よくある質問と解決方法 (TAC SR Collection) から確認できます。