キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
cancel
Kunitaka Matsumura
Cisco Employee
Cisco Employee

 

はじめに

 CMX の Map 上にクライアント情報がうまく反映されないなどの問題が発生した場合は、まず CMX と WLC 間の同期状態を確認することが重要です。

本ドキュメントでは、CMX と WLC 間のステータスの確認方法とトラブルシューティングの際のチェックポイントについて紹介しています。

 

 

CMX と WLC の同期の確認

CMX の GUI 上から、SYSTEM タブを選択し、System at a Glance のページから WLC ( Controllers ) のステータスが確認できます。

WLC の IP アドレスが緑色の場合は Active であり、赤色の場合は Inactive を表しています。

 

図 1 System at a Glance のページ

 

Pic1.PNG

 

 

また、CMX の CLI コマンド "cmxctl config controllers show" からも Status が確認できます。このコマンドからは、Inactive の場合の Troubleshooting のポイントも合わせて確認できます。

 

[cmxadmin@localhost ~]$ cmxctl config controllers show
+--------------+------+-----------+------+----------+
| IP Address   | Type | Version   | SHA2 | Status   |
+--------------+------+-----------+------+----------+
| 172.22.175.1 | WLC  | 8.2.151.0 | Yes  | INACTIVE |
+--------------+------+-----------+------+----------+

** To troubleshoot INACTIVE/INVALID controllers verify that:

     1. the controller is reachable
     2. the controller's time is same or ahead of MSE time
     3. the SNMP port(161) is open on the controller
     4. the NMSP port(16113) is open on the controller
     5. the controller version is correct
     6. the correct key hash is pushed across to the controller by referring the following:

+-------------+------------------------------------------------------------------+
| MAC Address | 00:50:56:xx:xx:xx                                               |
+-------------+------------------------------------------------------------------+
| SHA1 Key    | fe798a9380affa5a7d5f7xxxxefe6d9ee1c66e2d                         |
+-------------+------------------------------------------------------------------+
| SHA2 Key    | f37053e3c5e9f478d1f5afxxxxfe4141a74b255b46c3893c13ba4e7b164cxxxx |
+-------------+------------------------------------------------------------------+

 

 

同期がとれていない場合のチェックポイント

1. CMX からの再登録

まずは GUI 上から、再度 WLC の登録を行い、同期が取れるかを確認をします。

先程の System at a Glance のページの、該当 WLC の行の Action 列より、"Edit" を選択します。

Controller_Edit.PNG

 

次に SNMP のバージョンなどを確認し、"Save" を選択します。

 

Edit.PNG

  

 

2. CMX から WLC への ping 疎通の確認

CMX と WLC 間の疎通の確認を行います。

 

- CMX から WLC への ping の確認

※ Ctrl+c で ping を停止して下さい。

[cmxadmin@localhost ~]$ ping 172.22.175.1
PING 172.22.175.1 (172.22.175.1) 56(84) bytes of data.
64 bytes from 172.22.175.1: icmp_seq=1 ttl=127 time=0.682 ms
64 bytes from 172.22.175.1: icmp_seq=2 ttl=127 time=0.506 ms
64 bytes from 172.22.175.1: icmp_seq=3 ttl=127 time=0.895 ms
^C
--- 172.22.175.1 ping statistics ---
3 packets transmitted, 3 received, 0% packet loss, time 2454ms
rtt min/avg/max/mdev = 0.506/0.694/0.895/0.160 ms

 

- WLC から CMX への ping の確認

(5508) >ping 172.22.4.71

Send count=3, Receive count=3 from 172.22.4.71

 

3. CMX と WLC での時刻が揃っているかの確認

 

- CMX 上で現在時刻の確認

[cmxadmin@localhost ~]$ date
Thu Dec 14 14:48:30 JST 2017

 

- WLC 上で現在時刻の確認

(Cisco Controller) >show time

 

Time............................................. Thu Dec 14 14:52:56 2017

 

Timezone delta................................... 0:0
Timezone location................................ (GMT +9:00) Tokyo, Osaka, Sapporo

 

NTP Servers
    NTP Polling Interval.........................     3600

 

     Index     NTP Key Index                  NTP Server                Status          NTP Msg Auth Status
    -------  ----------------------------------------------------------------------------------------------
       1              0                                172.17.116.1     In Sync              AUTH DISABLED

 

 

4. SNMP の動作確認

 CMX からの snmpwalk により、WLC との間で SNMP が正常に動作しているかを確認します。

 

[cmxadmin@localhost ~]$ snmpwalk -c <community 名> -v 2c <WLC IP アドレス>

[cmxadmin@localhost ~]$ snmpwalk -c k5508a -v 2c 172.22.175.1 sysName.0
SNMPv2-MIB::sysName.0 = STRING: Cisco_7c:d8:64

  ※ CMX 10.3, SNMP v2c の場合の例です。

 

 

 

5. NMSP のステータスの確認

 

- CMX 上での NMSP のステータスの確認

"netstat -a | grep 16113" コマンドを利用します

[cmxadmin@localhost ~]$ netstat -a | grep 16113
tcp        0      0 localhost.localdomain:50462 ::ffff:172.22.175.1:16113   ESTABLISHED

 

- WLC 上でのNMSP のステータスの確認

  以下のコマンドより確認します。

   show nmsp status
   show nmsp subscription summary

   show nmsp statistics connection

 

 

(Cisco Controller) >show nmsp status

 


MSE IP Address            Tx Echo Resp    Rx Echo Req    Tx Data    Rx Data
--------------            ------------    -----------    -------    -------
172.22.4.71         0               0              8          7        << 期待された CMX の IP が登録されていることの確認します。

 

(Cisco Controller) >show nmsp subscription summary

 

Mobility Services Subscribed:

 

Server IP                Services
---------                --------
172.22.4.71          RSSI, Info, Statistics,

 

(Cisco Controller) >show nmsp statistics connection

 

NMSP Connection Counters

 

172.22.4.71
 Connection status:     UP
 Tx message count                       Rx message count
 ----------------                       ----------------
 WLC Capability:        1               MSE Capability:         2
 Service Subscr Rsp:    1               Service Subscr Req:     1
 Measure Rsp:           2               Measure Req:            2
 Measure Notify:        2451
 Info Rsp:              1               Info Req:               1
 Info Notify:           0
 Stats Rsp:             2               Stats Req:              2
 Stats Notify:          0
 Loc Req:               0               Loc Rsp:                0
 Loc Subscr Req:        0               Loc Subscr Rsp:         0
                                        Loc Notify:             0
 Loc Unsubscr Req:      0               Loc Unsubscr Rsp:       0
 AP Monitor Rsp:        0               AP Monitor Req:         0
 AP Monitor Notify:     0
 IDS Get Rsp:           0               IDS Get Req:            0

 IDS Notif:             0
 IDS Set Rsp:           0               IDS Set Req:            0

 

 

5. バージョンの互換性の確認

CMX と WLC との間でバージョンの互換性があることも非常に重要です。

以下のサイトから、互換性の確認を行います。

 

Cisco Wireless Solutions Software Compatibility Matrix - Cisco 

Table 6 Cisco CMX Compatibility Matrix を参照して下さい。

 

 

Service Request をオープンする際のチェックポイント

 TAC へ Service Request をオープンする際は、上述のチェックポイントを予め確認して頂けると、スムーズに調査が進む場合がございます。

 

 下記チェックポイントの結果と、確認した際のログをあわせてご提供頂けないでしょうか。

* CMX からの再登録により問題が解決した : (yes/no)
* CMX と WLC 間の ping の疎通は問題ない : (yes/no)
* CMX と WLC で時刻の設定にずれはない : (yes/no)
* SNMP は正常に動作していることが確認できる : (yes/no)
* NMSP のステータスが正常である : (yes/no)
* バージョンの互換性は問題ない : (yes/no)


また、CMX と WLC から以下の基本ログの取得をお願い致します。

* WLCで取得すべき基本ログ
https://supportforums.cisco.com/t5/-/-/ta-p/3156297

* CMX の基本ログ
https://supportforums.cisco.com/t5/-/-/ta-p/3207926

 

 

Getting Started

検索バーにキーワード、フレーズ、または質問を入力し、お探しのものを見つけましょう

シスコ コミュニティをいち早く使いこなしていただけるよう役立つリンクをまとめました。みなさんのジャーニーがより良いものとなるようお手伝いします: