キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
cancel
告知

JTAC-Mid-Career-Recruitment-2021.8

 

407
閲覧回数
10
いいね!
5
返信
hirakawa
Beginner

AP2802I-Q-K9を自律型に設定変更したい

日本語ですみません。

AP2802I-Q-K9を自律型に変更しようと思い、

アクセス ポイントのイメージ ファイルをリロードする手順を行いましたが、APがtftpで「ap3g2-k9w7-tar.default」をダウンロードせずに、繰り返しbootを繰り返しています。

【イメージ ファイルをリロードする手順】

https://www.cisco.com/c/ja_jp/td/docs/wireless/access_point/atnms-ap-82/configuration/guide/cg-82-book/cg-chap22-trouble.html

※tftpサーバであるPCは、WindowsFireWallも無効にしてありますが、APからのアクセス形跡がありません

どなたか、この現象を改善する方法をご存じであれば教えてください。

よろしくお願いします

5件の返信5
Kasun Bandara
Rising star

Hi,

use below link's clean procedure. it will do the thing.

 

https://community.cisco.com/t5/wireless/controller-based-ap-convertion-to-stand-alone-ap/td-p/2309505

 

rate this and mark as answer if this solved your concern

Good luck
KB

Kasun Bandaraさん

 

お返事ありがとうございます。

コンフィグモード(AP# のような)にならず、コマンドが入力できない状態です。

Cisco U-Boot というメッセージや、Linuxが起動するようなメッセージが延々と繰り返され、

コンフィグモード(AP# のような)になりません。

このような場合の回避策を教えていただけないでしょうか?よろしくお願いします

cja56910tf
Participant

こんばんは。

 

まず、イメージはファイル名に"k9w7"が入っているので、分散管理型(自立型)で間違いないと思います。

APからのアクセス形跡が無いとの事ですが、ワイヤシャークでキャプチャしてみては如何でしょうか。

もしAPからのアクセス試行が認められれば、PC側の何らかの制御でパケットが破棄されている事が考えられます。

APからのアクセス試行が無ければ、AP側の問題が考えられます。

別の方のブログですが、こちらを参考にされてみては如何でしょうか。

https://nakoruru.jp/replacing_the_cisco_aironet_2x00_and_3x00_ios/

 

次に、ご利用中のAP2802I-Q-K9は、現在WLCにJoinされている状況でしょうか?

下記に標準的な手順を2つ紹介しますので、こちらの方法で再度実行してみていただければと思います。

【A.Modeボタン長押し】

1. tftpサーバを搭載したPC端末を準備してIPアドレスを10.0.0.2/8、 Default gatewayを10.0.0.1に設定する。
2. tftpサーバに事前入手した分散管理型のソフトウェアイメージを格納する。
3. 分散管理型のソフトウェアイメージ名称の後半部分を“default” に変更する。
4. Aironetにコンソールケーブルを挿入してCLIでログを確認できる状態にする。
5. PCとAironetをLANケーブルで直結接続する。※このときAironetは電源OFFのままとすること。
6. AironetのModeボタンを押したまま電源ONにする。
7. AironetのLEDが赤色点灯に変わったら(20~30秒後)、Modeボタンから手を離す。
8. CLIのログで状況を確認する(モード変換処理には数分を要する)。
9. モード変換が完了すると自動的に再起動するので、起動ログまたはshow versionから起動モードが分散管理型であることを確認する。

【B.APがWLCにJoin中】

1. AironetがWLCにJoinしていることを確認する。
2. tftpサーバを搭載したPC端末を準備する。
3. tftpサーバに事前入手した分散管理型のソフトウェアイメージを格納する。
4. tftpサーバを搭載したPCからAironetへのIP到達性を確認する。
5. Aironetにコンソールケーブルを挿入してCLIでログを確認できる状態にする。
6. AireOS WLCの場合はWLCのCLIで以下のコマンドを投入する。
config ap tftp-downgrade <tftpサーバIP address> <aIOS name> <AP name>
IOS XE WLCの場合はWLCのCLIで以下のコマンドを投入する。
ap name <AP name> tftp-downgrade <tftpサーバIP address> <aIOS name>
7. Aironetのコンソールでログの状況を確認する(モード変換処理には数分を要する)。
8. モード変換が完了すると自動的に再起動するのでAironetのコンソール画面上の起動ログまたはshow versionから起動モードが分散管理型であることを確認する。

 

 

解決の一助となれば幸いです。

I'm surprised nobody has mentioned this but 2802 does not support autonomous mode.  Autonomous ended with Wave 1 APs like 2702 and 3702.

The Wave 2 access points (2802) can run as Mobility Express which provides similar functionality to autonomous (but not the same).

https://www.cisco.com/c/en/us/solutions/enterprise-networks/mobility-express/index.html

https://www.cisco.com/c/en/us/solutions/collateral/enterprise-networks/mobility-express/q-and-a-c67-734485.html

https://www.cisco.com/c/en/us/td/docs/wireless/access_point/mob_exp/810/user_guide/b_ME_User_Guide_810/getg_started.html#task_7588F4C009744AEFBB9EB754A713E390

 

こんばんは。

rrudling様からの投稿を見て思い出しました。

 

rrudling様が回答されている通り、分散管理型はAironet 1700, 2700, 3700シリーズまでで終了となっています。

Aironet 1815i, 1830, 1850, 2800, 3800シリーズとCatalyst 9100シリーズ以降では分散管理型は使用できません。

 

hirakawa様がご利用になられている機種は「AP2802I-Q-K9」ですので、自立型(分散管理型)で起動しないのは期待動作だと思います。