キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
cancel
告知

JTAC-Mid-Career-Recruitment-2021.8

 

インターネットの接続設定について

5479
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント

インターネットの接続設定は、インターネット サービス プロバイダによって異なります。また、プロバイダによっては、複数の接続タイプを提供しています。接続タイプや設定の詳細は、プロバイダに確認してください。

代表的な接続タイプは次の 3 つです。

  • PPPoE 接続(フレッツ網など共用回線)
  • DHCP 接続(ケーブル テレビなど専用回線)
  • 固定 IP アドレス(主として上記のオプション サービス)


また、設定項目例を、クイック セットアップ ウィザードのプライマリ WAN 設定を参考に説明します。

 プロバイダによっては、[ISP から直接 DNS サーバを情報を取得する]のチェックを外して、DNS サーバの IP アドレスを手動で設定する必要があります。

【メモ】
多くの場合、プロバイダから自動的に DNS サーバを情報を取得できますが、たとえば Cisco Umbrella の DNS サーバ(208.67.222.222 + 208.67.220.220)など、任意のアドレスを設定できます。

固定 IP アドレスの場合、プロバイダによっては、[ISP から自動的に取得する]のチェックを外して、IP アドレスおよびサブネット マスクを手動で設定する必要があります。

以降は、PPPoE 接続に特有の設定項目です。

 PPPoE の認証方式です。プロバイダが対応している場合は、パスワードが暗号化されるため安全性が高い CHAP 認証を選択します。

 ユーザ名はプロバイダから提供されます。

パスワードはプロバイダから提供されます。

プロバイダによっては、推奨する MTU サイズを公開しています。

 MTU サイズから 40を引いた値(たとえば MTU サイズが 1452 の場合は 1412)を設定します。シスコでは、GRE over IPsec を使用する場合などのパフォーマンスを考慮して、小さめに 1300 を推奨しています。

 プロバイダのオプション サービスで IPv6oE を利用している場合に設定します。

作成
推薦したいメンバーがいます
Content for Community-Ad