キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
cancel
告知

 Dec.2020_TopBanner.JPG

DevNet Learning Labsで学習してみよう

1226
閲覧回数
5
いいね!
0
コメント

■ Learning Labsとは

DevNetのアカウントをお持ちであれば、
誰でも無償でDevNetの学習環境のLearning Labsをご利用いただけます。

アカウントをお持ちでないかたは、こちらをクリックして作成方法を参照ください。

Learning Labsは、自分のペースで進められるオンラインの学習コンテンツです。
2019年10月時点で、500以上のラボ(各個別の学習コンテンツ)があり、一部は日本語化されています。

■ ラボ

各学習コンテンツ(以下、「ラボ」と呼ぶことにします)は、
10数分から、数十分程度で完了できることを考慮して設計されています。
例えば、

「Pythonの紹介 パート1」、「Pythonの紹介 パート2」、「PythonでJSONをパースしてみよう」などのように、
ある程度、短時間で完了できるネタごとに構成されています。

ラボ一覧は、こちらをクリックしてください。
日本語化されたラボ一覧は、こちらをクリックしてください。

 

■ モジュール

順を追って学べるように、複数のラボは、「モジュール」と呼ばれるものにまとめられています。

例えば、先ほどの、Pythonの例のラボは、
「Pythonの基礎」というモジュールにまとまっていて、
モジュール内の各ラボを順番に学習することで、Pythonの基礎が身につけられるように設計されています。

モジュール一覧は、こちらをクリックしてください。


■ トラック

さらに、複数のモジュールが、「トラック」と呼ばれるものにまとめられている場合があります。
例えば、「Cisco DNAアーキテクチャを活用したプログラミング」というトラックは、
「ネットワークの基礎」、「Cisco DNA CenterのREST API入門」、「Meraki APIを始めてみよう」などのモジュールで構成されています。

トラック一覧は、こちらをクリックしてください。


■ DevNet Express関連トラック

また、2日間かけて開催している、ハンズオンをメインとしたイベントのDevNet Expressの
コンテンツもLearning Labsを活用しています。
2日間分のモジュールが含まれています。

DevNet Expressのコンテンツ一覧は、こちらをクリックしてください。

 

■ 学習の始め方

DevNetのサイトにログインした状態で、学習したいモジュールやラボの、
[Start Module/Lab]、[Continue Module/Lab]、[Try Again]などのボタンを押して学習を始めます。
各ラボに必要な環境設定なども、画面上部の、
「How To Setup Your Own Computer」を参考に行います。

 

■ 学習の進行状況の確認やバッヂの獲得

モジュールやラボの進行状態は、DevNetのアカウントに紐づいて管理されています。
モジュールの中には、完了するとバッヂがもらえるものも存在します。

トラック、モジュール、ラボの進行状況や、獲得したバッヂは、
DevNetのサイトにログインした状態で、サイト右上辺りにある、自分のアイコンや名前をクリックして、
「Dashboard」や「Profile & Achievements」から確認できます。


たとえば、[Dashboard] > [Learning Labs]の表示は以下のような感じです。
楽しみながら学習に活用してみてはいかがでしょうか。

DevNetLearningLabsBadge.png