キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
cancel
1026
閲覧回数
0
いいね!
5
返信

C1000でのCos-DSCPマップについて

hainw
Beginner
Beginner

これまで2960シリーズを使用しており以下のようなCos-DSCPマッピングの機能を利用しておりました。

mls qos map cos-dscp 0 8 16 24 32 46 48 56

しかし、今回購入したC1000(※C1000FE-24T-4G-L バージョン15.2(7)E4)で同じ機能を利用しようとしましたが、

上記コマンドが入力できませんでした。

 

そこでC1000のQosについて調べたところ、下記ページ内に以下の記述がございました。

https://www.cisco.com/c/ja_jp/td/docs/switches/lan/catalyst1000/software/releases/15_2_7_e/configuration_guides/qos/b_1527e_qos_c1000_cg/configuring_qos.html

 

「スイッチは、内部で CoS/DSCP マップを使用して CoS 値を DSCP 値にマッピングします。」

 

C1000で内部で使用されるCoS/DSCPマップというのはどのような内容なのかご教授いただきたいです。

宜しくお願いします。

 

 

1 件の受理された解決策

受理された解決策

hainw様

こんにちは。丁寧にご回答いただきありがとうございます。

意図・要望・状況について理解しました。

Catalyst 1000 配下に廉価スイッチが存在するとの事ですが、mls qos trust cos コマンドが適用出来るという事は、こちらもCatalystでしょうか?もしそうだとすると、その装置のCoS/DSCP内部マッピング表に従い、DSCPが書き換えられる可能性があります。(例えば40に変わるかもしれません)そうなると廉価スイッチからのパケット送出時には、CoSは信頼しているので「5」のままですが、DSCP値が「40」に書き換わっている可能性があるので、もしそのようになっていた場合はCatalyst 1000 に着信/入力時にDSCP値46に再マーキングが必要になると思います。

 

ご参考にしていただければ幸いです。

元の投稿で解決策を見る

5件の返信5

cja56910tf
Enthusiast
Enthusiast

こんばんは。

CoS DSCP マッピングテーブルについては下記Webサイトが非常に分かり易いので是非ご一読下さい。

https://www.infraexpert.com/study/qosz02.html

 

なお、mls qos map cos-dscp ~ コマンドは IOS 15.2(7)E4 のCatalyst 2960LやCatalyst 1000では非サポートのコマンドです。

当該コマンドの利用目的/意図が記載の内容だけでは分かりかねますが、もしDSCPの値を変更したくないという事であれば、DSCP値を信用するようにするか、DSCP透過モードの採用などをご検討されてはどうでしょうか。

hainw
Beginner
Beginner

 cja56910tf

 

返信ありがとうございます。

また参照ページありがとうございます。拝見させて頂きました。

 

mls qos map cos-dscp コマンドを利用している理由は、

音声パケットで設定されるCoS「5」がC1000に入ってきた際に、DSCP「46」に変更したいことが目的となります。

こんにちは。

まず確認させていただきたいのですが、実現したい事は音声パケットをDSCP値「46」にマーキングする事でしょうか?それともDSCP値の維持でしょうか?はたまた、音声パケットをCatalyst 1000で優先処理したいのでしょうか?

 

音声パケットはDSCP値「46」が付与されて送信されているかを確認いただきたいですが、それがCatalyst 1000 を経由すると別のDSCP値になって送出されているのでしょうか?(パケットキャプチャでご確認いただくことを推奨します)

もしDSCP値「46」が付与されているならDSCPを信頼(Trust)する設定を投入すれば値は変わらないと思うのですが・・・

付与されていないなら、入力時に該当パケットのDSCP値を「46」にマーキングするQoS設定が必要かと思います。

また、当方は本番環境で使用した事はないですが、DSCP透過モードの利用も検討いただければと思います。

 

hainw
Beginner
Beginner

cja56910tf 様


>まず確認させていただきたいのですが、実現したい事は音声パケットをDSCP値「46」にマーキングする事でしょうか?それともDSCP値の維持でしょうか?
>はたまた、音声パケットをCatalyst 1000で優先処理したいのでしょうか?

実現したいことは音声パケットをDSCP値「46」にマーキングする事です。

 

IP電話の音声パケットはCOS5,DSCP46でマーキングされている想定(※)です。

C1000に接続された下位スイッチ(廉価版のためmls qos trust cosのみ対応)からの音声パケットについて、
C1000にてCOS「5」からDSCP「46」に変換させようと考えていました。

※リモートで作業しているため、現地往訪した際に実際にIP電話のパケットをパケットキャプチャで確認してみます。

 

>入力時に該当パケットのDSCP値を「46」にマーキングするQoS設定が必要かと思います。

パケットキャプチャでの確認後、必要があればCoSの値を基にマーキングする設定を検討してみます。

 

ご回答頂きありがとうございました。

hainw様

こんにちは。丁寧にご回答いただきありがとうございます。

意図・要望・状況について理解しました。

Catalyst 1000 配下に廉価スイッチが存在するとの事ですが、mls qos trust cos コマンドが適用出来るという事は、こちらもCatalystでしょうか?もしそうだとすると、その装置のCoS/DSCP内部マッピング表に従い、DSCPが書き換えられる可能性があります。(例えば40に変わるかもしれません)そうなると廉価スイッチからのパケット送出時には、CoSは信頼しているので「5」のままですが、DSCP値が「40」に書き換わっている可能性があるので、もしそのようになっていた場合はCatalyst 1000 に着信/入力時にDSCP値46に再マーキングが必要になると思います。

 

ご参考にしていただければ幸いです。

Getting Started

検索バーにキーワード、フレーズ、または質問を入力し、お探しのものを見つけましょう

シスコ コミュニティをいち早く使いこなしていただけるよう役立つリンクをまとめました。みなさんのジャーニーがより良いものとなるようお手伝いします: