キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
cancel
984
閲覧回数
0
いいね!
0
返信

Catalyst2960X CSP(CommonSTP)構成のネットワーク接続について

mmichigami
Level 1
Level 1

他ベンダー機器で構成されているネットワークのエッジスイッチとして、Catalyst2960X(更改)を2台追加接続することを考えています。

ですが、他ベンダーの機器(L3SW)のConfigを見るとSTPのモードが"single"という設定になっており、調べているとVLAN単位にツリー構成するのではなく、1つのツリーで管理するというものということがわかりました。

Cat2960のSTP設定では、PVSTとRapid-PVST、MSTを選択することはできますが、他ベンダーの機器にある"Single"にあたるものがありません。

こうした場合、Cat2960側で注意すべき点はありますでしょうか?

気になっている点としては、他ベンダーの機器(L3SW)のNativeVLANが"Supend"となっており、Cat2960X側でもSTPから除外している点です。

この時、Trunk portで接続している他ベンダーの機器(L3SW)とCat2690X間もinterfaceとしては、Up/Upの状態で、error packetなど確認できていませんが、他ベンダーの機器(L3SW)の副側機器のアドレスにpingが届かないといった現象もありました。

他ベンダーの機器とのTrunk接続時には、Native VLAN1を有効にしたほうがいい場合もあるとマニュアル等に記載があったのですが、今回のような場合には、他ベンダーの機器でVLAN1を有効化しなければならないのでしょうか?それとも別の解決策があるのでしょうか?

 

0件の返信0