キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
cancel
123
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント
JapanTAC_CSC
Level 7
Level 7

2024 年 4 月 3 日 (初版)

TAC SR Collection
主な問題

ハントグループ間の転送を行なっている場合、意図していた転送が実行されずに、コールが終了する場合があります。

※ 一例として、上記のハントグループ間の転送は、Webex コントロールハブ > [Calling] > [ハント グループ] > {任意のハントグループ} > [コール ルーティング オプション] > [設定された回数の呼び出しの後に転送] にて設定しています。

Screenshot.png

原因

ユーザが応答するまでコールを滞留させること等を目的として、ハントグループや転送等の機能を利用しループの構造を構築した場合、コールはループ (滞留) することなく、転送は停止されコールは終了となります。

一例として、HuntgroupA、HuntgroupB、HuntgroupC という 3 つのハントグループを作成し、それぞれのハントグループにエージェントを追加します。
加えて、HuntgroupA から HuntgroupB へコールを転送するように設定し、HuntgroupB から HuntgroupC へコールを転送するように設定し、 HuntgroupC から HuntgroupA へコールを転送するように設定し、ループ構造を作成します。

上記の設定により、ハントグループ間でコールがループするような構造となるため、上記いずれかのハントグループ宛に着信があった場合、ユーザがコールへ応答するまでコールが滞留するように見えます。

しかしながら、 Webex Calling ではループを検知する仕組みが実装されているため、実際にはループが検知された時点で転送は停止され、コールは終了し滞留しません。
こちらは実装上の期待動作です。

挙動の具体例として、上記の構成で HuntgroupA へコールを発信した場合、 HuntgroupA > HuntgroupB > HuntgroupC の順でコールは転送されますが、 ループが検知されるため HuntgroupC から HuntgroupA へは転送されずコールは終了します。

解決策

設計上ループによるコールの滞留はできないため、ループ構造を避けて設定を行なってください。

着信時に誰も応答できない状況の対策として、コールを一定期間保持するようなコールフローを作成したい場合には、コールキュー機能の利用もご検討ください。
※ コールキューであれば、エージェント全員が電話応対中である場合でも、着信コールを保持して次のエージェントが空くまで待たせておくことができます。

備考
各製品の TAC SR Collection の一覧は、よくある質問と解決方法 (TAC SR Collection) から確認できます。

Getting Started

検索バーにキーワード、フレーズ、または質問を入力し、お探しのものを見つけましょう

シスコ コミュニティをいち早く使いこなしていただけるよう役立つリンクをまとめました。みなさんのジャーニーがより良いものとなるようお手伝いします