キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
cancel
2357
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント
Yasunori Wada
Cisco Employee
Cisco Employee

Prime Infrastructure (PI) において、各サービスの稼動状況は、CLI の "ncs status" コマンドで確認できます。

 

コマンド出力例:
-------------------------------------
PRIME-NCS-APL-K9/admin# ncs status
Health Monitor Server is running.
Ftp Server is running
Database server is running
Tftp Server is running
Matlab Server is running
NMS Server is running.
Plug and Play Gateway is running.
SAM Daemon is running ...
DA Daemon is running ...
Syslog Daemon is running ...

PRIME-NCS-APL-K9/admin#
-------------------------------------

 

基本的には、全てのステータスが "running" となっていれば問題ありません。
トラブルシューティングの観点で、主に着目すべきプロセスは以下の3つです。

 - Health Monitor Server     : PI 自身の死活監視を行うプロセス
 - Database Server             : データベース関連のプロセス
 - NMS Server                    : GUI access や Managed device を司るプロセス

たとえば、『SSH でログインはできるが GUI でアクセスできない』といった場合には、
NMS Server プロセスがダウンしている可能性が疑われます。

なお、HA (High Availability) 構成の場合、Secondary 側の PI では、
"Health Monitor Server" と "Database Server" のみが running となります。
他のプロセスは "Stopped" となりますが、これは期待された動作です。

 

"ncs status" コマンドは、PI のトラブルシューティングを行う上で必須のコマンドです。

各プロセスがどのような状況かによって切り分けの優先順位が左右されるため、必ず取得して下さい。

Getting Started

検索バーにキーワード、フレーズ、または質問を入力し、お探しのものを見つけましょう

シスコ コミュニティをいち早く使いこなしていただけるよう役立つリンクをまとめました。みなさんのジャーニーがより良いものとなるようお手伝いします