Toshiaki Kasakake
Cisco Employee
Cisco Employee
Member since ‎04-15-2011
‎06-04-2019

User Statistics

  • 14 Posts
  • 0 Solutions
  • 0 Helpful votes Given
  • 110 Helpful votes Received
Recent Badges
100 Helpful Vote
10 Replies
5 Replies
 30 Helpful Vote
10 Helpful Vote
1 Helpful Vote
Certifications

User Activity

IOS router で暗号化設定を使用する状況において、QoS に関連するパケットサイズのカウンタ表示を確認いただく際は注意が必要です。 本ドキュメントでは TAC case でよくお問い合わせいただく show policy-map interface でのQoSカウンタ表示確認時の注意点について説明します。 [toc:faq]   ドキュメント概要 暗号化設定と共に QoS を使用する場合、IOS では暗号化前の内側の IP ヘッダー情報に基づいたQoS分類を実行するための qos pre...
このドキュメントでは ASR1000 シリーズルーターにおける NAT トラブルシューティング時の Debug ログの取得方法について説明します。 [toc:faq]   ドキュメント概要 ASR1000 シリーズルーターでは、NAT 機能は主に Hardware (QFP) にて処理が行われます。このため、従来の IOS ルーターのようにプロセスレベルでの Debug ログ出力確認方法(show logging等)ではほとんどトラブルシュートに有効な出力が得られません。   このドキュメントで...
3G/4G LTE Wireless Troubleshooting Commands 3G/4G LTE ワイヤレスのトラブルシューティングに役立つ show/debug コマンドを載せています。問題が発生した場合に、どのようなコマンドがあるかという意味で作成したドキュメントとなり、詳細な情報は記載せず、コマンドのみとしています。※IOSバージョンによりサポートしていないコマンドが含まれている場合があります。※Platformに依存したコマンドは載っていない場合があります。※一部Hiddenコ...
この記事では IOS Router での PPP Chap 認証の設定を簡単にまとめます。 PPP Chap 認証設定では、認証ユーザー名(hostname) や password の設定可能な箇所が複数あり、混乱しやすいかと思います。 ここではどの設定がどのような意味を持つのかを説明します。   まずは簡単に Chap 認証の流れを確認します。   上図のように R1(クライアント)とR2(認証サーバー)を想定します。 両筐体にはそれぞれ hostname と password の設定が必要...
IOS 15.2(1)T 以降へのSoftware Upgrade 後に同様の設定を使用してもNAT通信が正常に行えない事例が報告されています。 この記事ではこの問題の概要、発生条件、対処法について紹介します。   問題の概要   15.2(1)T 以降の Software での一部コード実装変更の影響により、これまでと同様の設定を使用されていてもNAT通信が正常に行えない問題が報告されています。 この問題に該当すると、NAT outside local address 等が Routing T...
Community Statistics
Member Since ‎04-15-2011 10:20 AM
Date Last Visited ‎06-04-2019 01:56 AM
Posts 14
Total Helpful Votes Received 110