キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
cancel
12600
閲覧回数
75
いいね!
47
返信

CE9.2 Macro フレームワークディスカッション

Yuki Iwagishi
Cisco Employee
Cisco Employee

新しい Macro フレームワーク機能が CE9.2.1 で導入されました。これにより、利用者が欲しいちょっとした独自の「機能」を ビデオ端末 に搭載することができます。また、Macro フレームワーク と In-Room Control (室内制御)と組み合わせることによってユーザインターフェイスをつくることもできます!

 

ぜひ皆様の Macro に関わるアイディア、コード、質問をこのスレッドでシェアしてください。

Happy coding!

 

なお、Macro フレームワークは SX10/SX10N では未サポートになります。

 

DevNetにビデオ端末の公式開発者向けページを作成しました!トレーニングコンテンツ・サンプルが充実しています!

 

https://developer.cisco.com/site/roomdevices/

 

本家の Macro フレームワークのスレッド(英語)は下記になります。

https://supportforums.cisco.com/t5/telepresence/ce9-2-1-macro-framework-discussions/m-p/3306448

 

参考リンク

TelePresence EP : CE 9.2 マクロチュートリアル

https://supportforums.cisco.com/t5/-/-/ta-p/3300804/

TelePresence EP: Examples による Macro 入門 (コーディングなし) その1

https://supportforums.cisco.com/t5/-/-/ta-p/3301816/

TelePresence EP : DX70/DX80 発信先固定マクロ例

https://supportforums.cisco.com/t5/-/-/ta-p/3300870/

シスコビデオ会議システムのマクロ機能で音楽プレイヤーを作ってみた

https://qiita.com/yiwagish/items/ebec851c09d0a621d29c

シスコビデオ会議システムのマクロ機能で自動運転してみた

https://qiita.com/yiwagish/items/586d24c8dbcf18c2c607

 

 

参考になる情報はこちらでもシェアします。

47件の返信47

Yuki Iwagishi
Cisco Employee
Cisco Employee

Cisco Unified CM に登録すると 自動的に H.323 機能がオフになります。Unified CM と接続製が取れない緊急時や他社製 H.323 端末との接続に H.323 機能を継続して使いたい場合があります。

設定では回避できませんが、マクロで回避することが可能です。

英語版の Macro Framework で Magnus が紹介した例を転載します。

 

const xapi = require('xapi');
//Enables H323
function enableH323() {
    xapi.config.set('NetworkServices H323 Mode', 'On');
}
//Status listener for changes in the xStatus H323 Mode Status, if this changes to Disabled, flip back to Enabled. 
xapi.status.on('H323 Mode Status', value => {
    if (value == "Disabled") enableH323();
});

enableH323();

通常の設定では回避できない動作を変えることができるのも Macro の利便性となります。

 

ただし、Unified CM /VCS,Expressway の同時登録はシスコがテストし確認した「サポート」される機能ではありません。この機能を使って問題が発生し、サポートを依頼したときはトラブルシューティングができないケースがあります。

Yuki Iwagishi
Cisco Employee
Cisco Employee

 

発信先端末がH.323利用かSIP利用か不明な場合にIPアドレスだけを入力して発信。

DefaultCallProtocol: Auto のルールに従い、まずH.323で発信。

ネットワークのポートが開いていないイベントを受け取るとSIPで発信

 

*e CallDisconnect CauseType: "NetworkRejected"

(参考)

https://www.cisco.com/c/dam/global/ja_jp/td/docs/telepresence/endpoint/ce80/sx80-api-reference-guide-ce80.pdf

P.186

SX80, CE9.2.1 で動作確認。発信先の有効性などのチェックはなし。

 

 

 

 

/**
 * Once you fail H323 call via protocol Auto:
 * Try to call same IP Address by protocl SIP.
 */
const xapi = require('xapi');

function dial(number) {
  console.log('dial', number);
  xapi.command('dial', { Number: number });
}
function listenToCalls() {
  xapi.event.on('CallDisconnect', (event) => {
    if(event.CauseType == "NetworkRejected" && event.Protocol == "H323"){
      console.log(event.RequestedURI);
        dial("sip:"+event.RequestedURI);
    }
  });
}
listenToCalls();

 

 

 

Yuki Iwagishi
Cisco Employee
Cisco Employee

CE9 以降、Standbyとは別にHalfwakeステートが加わりました。Standbyとは違い、CE9.2の時点で残念ながらHalfwakeをオフにはできません。

Halfwakeステートになると通常のモードに戻るマクロを書きました。

また、定期的にStandby Deactivateを送るマクロにした方が画面遷移そのものが見えないかもしれません。

 

const xapi = require('xapi');
xapi.status.on('Standby State', state => {
  console.log('going to ', state);
    if (state === 'Halfwake') xapi.command('Standby Deactivate');
});

Yuki Iwagishi
Cisco Employee
Cisco Employee

Global Macro Framework Discussion で出ていた 5-20 桁でSIP Audio Only Callにするサンプルを改造したものです。9桁で発信時にconst UriPattern = '@site.webex.com'; で宣言されたドメインを追加します。

site .をご利用のサイト名に編集してご利用ください。

初歩的な質問となってしまい申し訳ないのですが、
9 桁番号発信時に WebEx ドメインを自動追加のマクロについて教えて下さい。

 

2/28 明日の提案につながるコラボオンラインセミナー February 2018で使用されていた、

パワーポイント:COS-02-20180228-Macro-Proposal.pptx  page.19(簡単発信アプリの提案(応用)の部分になります。

 

このページ内の「B:テキストボックスで実装」を試してみたく、
In-Room Control > Launch editor から同様のレイアウトを作成しようとしたのですが、
Widgets の中に、入力できるテキストボックスを見つけることが出来ませんでした。

 

Q1:これは、テキストフィールドを作成する必要があるのでしょうか?

 

Q2:挿絵には、接続確認画面と、番号入力画面の2画面表示されていますが、

Launch editorからは、Globally、Home screen、In call にそれぞれ1画面しか作れない認識です。
2画面遷移するような、UIはどのように作成すればよろしいでしょうか?

 

ご教示頂きたくよろしくお願いいたします。

下記のように Widget が click されたことを検知して、TextInput を開くことで2画面遷移が可能です。TextInput や Prompt はEvent から開けるメッセージとなります。

マクロチュートリアルのユーザインターフェイスの項目をご参照ください。

https://supportforums.cisco.com/t5/-/-/ta-p/3300804#toc-hId--61577547

 

 

const xapi = require('xapi');
const webexSiteUri = '@sitename.webex.com';
function dial(sipUri) {
  console.log('dial', sipUri);
  xapi.command('dial', { Number : sipUri }).catch(e => console.error('Command error'));
}

function listenToGui() {
  xapi.event.on('UserInterface Extensions Widget Action', (event) => {
        if (event.Type === 'clicked') {
          xapi.command("UserInterface Message TextInput Display", {
			     	Duration: 45
				  , FeedbackId:'wbxmtgnum'
				  , InputType: 'Numeric'
				  , KeyboardState:'Open'
				  , Placeholder:'WebExのユーザID or 9桁のミーティング番号'
				  , SubmitText:'接続'
				  , Title: 'WebEx Meeting Number'
				  , Text: 'WebExのユーザIDまたは9桁のミーティング番号のどちらかを入力してください'
			    });
    }
});
  xapi.event.on('UserInterface Message TextInput Response', (event) => {
	  switch(event.FeedbackId){
      case 'wbxmtgnum':
        dial(event.Text + webexSiteUri);
	    break;
	  }
  });
  
}

listenToGui();

 

ご回答ありがとうございます。

 

リンク先非常にわかりやすかったです。

また、ソースコードを参考にさせて頂きしイメージに近いもの作成することが出来ました。

 

ありがとうございました。

Yuki Iwagishi
Cisco Employee
Cisco Employee

Touch 10 で端末の帯域設定を変更するマクロです。

過去のTCにあった帯域設定を意識した構成にしています。

 

添付いただいたマクロを元に、

設定変更時にはPIN入力による認証が必要になるように変更を試みました。

 

1.パネルのクリックでPIN入力画面を開く

2.認証に成功したらそのまま設定画面へ、失敗したらホーム画面へ

 

上記の通りに動作はしたのですが、テキスト入力をキャンセル(もしくは画面外をタップ)した際に入力画面が閉じて設定可能となってしまいます。

 

入力をキャンセル(もしくは画面外をタップ)したことを感知する良いイベントはないでしょうか。

 

改良ありがとうございます。また、コードのシェアもありがとうございました。

イベントですが、

 

xfeedback register /event

 

を使うことでどのイベントが取得可能かを確認することができます。(解除はxfeedback deregister /event)

CE9.3 以降であれば

*e UserInterface Message TextLine Cleared

が取得可能となります。(CE9.2では取れないです)

ただ、このイベントは正しいPIN番号を入力しても発生するのでたとえばenter_password をグローバル変数にし、正しいパスワードかチェックして正しくない場合にはPIN入力不適合と同じ処理をする、というのではどうでしょうか?

 

xapi.event.on('UserInterface Message TextInput Clear', event => {
  if (enter_password == password) return;
      else {
      xapi.command('Standby Activate', {});
      xapi.command('Standby Deactivate', {});
      xapi.command('UserInterface Message TextLine Display', {
        Text: 'PINが違います',
        Duration: 3,
        X:5000,
        Y:5000,
      });
      }});

 

早速のご回答ありがとうございます。

以下にてどのようなイベントが発生したか分かること承知いたしました。

xfeedback register /event

また、”enter_password をグローバル変数にし、正しいパスワードかチェックして正しくない場合にはPIN入力不適合と同じ処理をする” ことで期待する動作にすることが出来そうです。

 

引き続き試行錯誤してみます。ありがとうございました。

また、思い切って利用者に設定画面を見せてしまい、

設定ボタンを作り押下時にPIN 番号を入力させ合致したら設定を反映

あるいは、

設定操作されても一定時間でデフォルト値に戻す


こういったケースで進めた方が作り手としては楽かもしれません

こちらは要件に合致しているかわからないのであくまでもご参考まで。

Yuki Iwagishi
Cisco Employee
Cisco Employee

Touch 10 でシリアル番号を表示するマクロです。

製品トラブルなどで利用者にシリアル番号を伝えて欲しい時に利用できます。

Serial.png

CE 9.4でデバイス情報にシリアル番号が含まれるようになりました。

Yuki Iwagishi
Cisco Employee
Cisco Employee

こちらにも記載していますが、設定値、ステータス値は get で取得することができます。

https://supportforums.cisco.com/t5/-/-/ta-p/3300804#toc-hId--42033855

 

const xapi = require('xapi');

xapi.status.get(`SystemUnit ProductId`)
  .then(productId => {
    console.log(productId);
  });

xapi.config.get(`NetworkServices H323 Mode`)
  .then(h323mode => {
    console.log(h323mode);
  });

Yuki Iwagishi
Cisco Employee
Cisco Employee

人数の変更を検知したらアラートでお知らせします。

PeopleCount デモ用のマクロです。

 

/** PeopleCount Demo */
const xapi = require('xapi');
xapi.config.set('RoomAnalytics PeopleCountOutOfCall', 'On');

function alert(title, text = '', duration = 5) {
  xapi.command('UserInterface Message Alert Display', {
    Title: title,
    Text: text,
    Duration: duration,
  });
}

xapi.status.on('RoomAnalytics PeopleCount Current', state => {
  alert('現在の人数は',state);
});

Yuki Iwagishi
Cisco Employee
Cisco Employee

CE9.3 から複数のアイコンを配置し、タップされた際のイベントを取得して発信などのアクションを取れるようになりました。In-Room Control でパネルを配置後、ページを削除することでアイコンからのトリガーのみのアクションを設定できます。

 

/**
 * A small Direct Call from ICON
 */
const xapi = require('xapi');

// These match the widget ids of the In-Room control buttons
const numbers = {
  dial_support: 'support@example.com',
};

function dial(number) {
  console.log('dial', number);
  xapi.command('dial', { Number: number });
}

function listenToGui() {
  xapi.event.on('UserInterface Extensions Panel Clicked', (event) => {
      const number = numbers[event.PanelId];
      if (number) dial(number);
  });
}

listenToGui();

Yuki Iwagishi
Cisco Employee
Cisco Employee

会議室で音楽をかけたいときなどのため、音量を適宜増幅する AGC 機能をオフにするマクロです。

下記のコマンドで AGC 機能をコントロール可能ですが、設定を維持できないとの通常の会話時はオフだと問題があるため、利用者にコントロールする UI を作成しました。添付は CE9.3 で作成していますが、 CE9.2 でも同様の実装が可能です。

 Toggle.pngMusicMode.png

 

オリジナルコマンド

AGC: Off (Mic 1 を想定)

xcommand Audio LocalInput Update InputId: 1 AGC: Off Channels: 1 MixerMode: "GainShared" Mute: "Off" Name: "Microphone"

AGC: On (Mic 1 を想定)

xcommand Audio LocalInput Update InputId: 1 AGC: On Channels: 1 MixerMode: "GainShared" Mute: "Off" Name: "Microphone"

 

Yuki Iwagishi
Cisco Employee
Cisco Employee

Cisco Headset 531/532 の USB リモートコントローラで発信ボタンが押された時に自動発信する例です。

 

const xapi = require('xapi');
// Modify destination number
const dest = "sip:example@example.com";


function dial(number) {
  console.log('dial', number);
  xapi.command('dial', {number});
}

xapi.event.on('Audio UsbHeadset CallButton', () => {
      xapi.status.get('calls')
      // No calls found. Dial
      .catch(() => dial(dest));
});

ちなみに発信ボタンが押された時に発生するイベントは下記です。これをトリガーにしています。

 

*e Audio UsbHeadset CallButton
Getting Started

検索バーにキーワード、フレーズ、または質問を入力し、お探しのものを見つけましょう

シスコ コミュニティをいち早く使いこなしていただけるよう役立つリンクをまとめました。みなさんのジャーニーがより良いものとなるようお手伝いします: