キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
cancel
1186
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント
Takuya Hokazono
Cisco Employee
Cisco Employee

 IOS-XR で動作する製品では

32-bit の Classic IOS XR(cXR) と 64-bit の Evolved XR (eXR) を提供しております。

本ドキュメントでは、eXR で使用する RPM パッケージについて説明させて戴きます。

※画像は、2018年1月に実施した「IOS-XR 64-bit (eXR) の概要と基本アーキテクチャ紹介」の資料から抜粋

スクリーンショット 2018-04-26 11.48.15.png

 

RPM(RPM Package Manager) パッケージはバージョンにおいて eXR 上でサポートする機能毎に提供されるパッケージとなり、例えば、ospf を動かしたい場合は、asr9k-ospf-x64-1.0.0.0-r614.x86_64.rpm というフィーチャーパッケージファイルのインストールが必要となります。

スクリーンショット 2018-04-26 11.53.49.png

 

また、cXR と同様に eXR も SMU をサポートしており、eXR では SMU もフィーチャーパッケージと同様にRPM ファイルとして提供しております。

スクリーンショット 2018-04-26 11.58.42.png

Getting Started

検索バーにキーワード、フレーズ、または質問を入力し、お探しのものを見つけましょう

シスコ コミュニティをいち早く使いこなしていただけるよう役立つリンクをまとめました。みなさんのジャーニーがより良いものとなるようお手伝いします:




推薦したいメンバーがいます