キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
cancel
366
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント
CscTsWebDocs
Community Member

2010 年 4 月 15 日(初版)

TAC SR Collection
主な問題

本事象は SCOS v3.5.0で発生し、SCE の内部チェック機能である sanity check に起因してリロードが発生してしまいます。発生原因としては、Traffic Processor の input queue で1秒以上の遅延を10秒間以上検知したために上記 sanity check によりリブートに至っています。現在では上記 sanity check でリロードさせるかどうかの閾値が、実ネットワークにおいては厳しすぎると考えているため、SCOS v3.5.0では、本 sanity check によるリロードを無効にする事を推奨しています。

解決策

以下のコマンドにて本 sanity check によるリロードを無効にする事ができます。

[sanity check によるリロードを無効にするコマンド]

SCE#>configure

SCE(config)#>interface LineCard 0

SCE(config if)#>no sanity-checks latency-monitor high-watermark timeout action

SCE(config if)#>exit

SCE(config)#>exit

SCE#>copy running-config startup-config

本問題は SCOS 3.5.5にて修正されております。

備考

Getting Started

検索バーにキーワード、フレーズ、または質問を入力し、お探しのものを見つけましょう

シスコ コミュニティをいち早く使いこなしていただけるよう役立つリンクをまとめました。みなさんのジャーニーがより良いものとなるようお手伝いします:




推薦したいメンバーがいます