キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
cancel
23677
閲覧回数
15
いいね!
0
コメント
Takashi Higashimura
Cisco Employee
Cisco Employee

show/debug ログを取得する際の推奨設定を書いてみます。トラブルシューティング時などに下記設定を行いログを取ることをお勧めします。

service timestamps 及び timezone 設定

service timestamps 設定により、log/debugのタイムスタンプのフォーマットを変更します。また、この例では国内を想定してtimezone をJSTで設定しています。

(config)# service timestamps log datetime msec localtime show-timezone

(config)# service timestamps debug datetime msec localtime show-timezone

(config)# clock timezone JST 9

logging 設定

console には informational のみの出力とし、debugがconsoleに出力されCPU高負荷になるのを抑制します。また、logging buffer の size を取得するログのサイズに合わせて増やします。

(config)# logging console informational

(config)# logging buffer <size> debugging

NTP 設定

複数の機器でログを取得する場合には、ログのタイムスタンプが同期が取れるようNTPを使って、時刻を揃えるようにしましょう。

(config)# ntp server <x.x.x.x>

exec prompt timestamp 設定

show コマンドの出力の度に、timestamp が表示されるようにします。

(config)# line con 0 (or line vty x x)

(config-line)# exec prompt timestamp

設定を変更したくない場合には、一時的に下記コマンドで有効にすることが可能です。
# terminal exec prompt timestamp
Getting Started

検索バーにキーワード、フレーズ、または質問を入力し、お探しのものを見つけましょう

シスコ コミュニティをいち早く使いこなしていただけるよう役立つリンクをまとめました。みなさんのジャーニーがより良いものとなるようお手伝いします