キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
cancel
21934
閲覧回数
6
いいね!
0
コメント
Ryota Takao
Cisco Employee
Cisco Employee

 

  

概要

このドキュメントでは L2TPv3 の設定例を示します。
L2TPv3 を使用することで、離れた拠点が同一セグメントを使用して通信することが可能です。
この例では L2TPv3 を使用することで、離れた拠点 CE-1 と CE-2 が同じセグメント 10.0.0.0/24 を使用して通信しています。
  

  

ネットワーク構成

 

L2TPv3_daigram

全てルータで IOS 15.5(3)M3 を使用しています。

L2TPv3-1 : L2TPv3 を終端するルータ
L2TPv3-2 : L2TPv3 を終端するルータ
CE-1 : CE ルータ
CE-2 : CE ルータ
Internet : Internet を想定したルータ
 

  

設定例

 

L2TPv3-1

hostname L2TPv3-1
!
pseudowire-class L2TPv3
 encapsulation l2tpv3
 ip local interface Loopback0
!
interface Loopback0
 ip address 1.1.1.1 255.255.255.255
!
interface Ethernet0/0
 ip address 192.168.1.1 255.255.255.0
!
interface Ethernet0/1
 no ip address
 xconnect 2.2.2.2 1 encapsulation l2tpv3 pw-class L2TPv3
!
router ospf 1
 network 1.1.1.1 0.0.0.0 area 0
 network 192.168.1.1 0.0.0.0 area 0
!

 

 

L2TPv3-2

hostname L2TPv3-2
!
pseudowire-class L2TPv3
 encapsulation l2tpv3
 ip local interface Loopback0
!
interface Loopback0
 ip address 2.2.2.2 255.255.255.255
!
interface Ethernet0/0
 ip address 192.168.2.2 255.255.255.0
!
interface Ethernet0/1
 no ip address
 xconnect 1.1.1.1 1 encapsulation l2tpv3 pw-class L2TPv3
!
router ospf 1
 network 2.2.2.2 0.0.0.0 area 0
 network 192.168.2.2 0.0.0.0 area 0
!

 

 

CE-1

hostname CE-1
!
interface Loopback0
 ip address 10.10.10.10 255.255.255.255
!
interface Ethernet0/0
 ip address 10.0.0.1 255.255.255.0
!
router ospf 1
 network 10.0.0.1 0.0.0.0 area 0
 network 10.10.10.10 0.0.0.0 area 0
!

 

 

CE-2

hostname CE-2
!
interface Loopback0
 ip address 20.20.20.20 255.255.255.255
!
interface Ethernet0/0
 ip address 10.0.0.2 255.255.255.0
!
router ospf 1
 network 10.0.0.2 0.0.0.0 area 0
 network 20.20.20.20 0.0.0.0 area 0
!

 

 

Internet

hostname Internet
!
interface Ethernet0/0
 ip address 192.168.1.2 255.255.255.0
!
interface Ethernet0/1
 ip address 192.168.2.1 255.255.255.0
!
router ospf 1
 network 192.168.1.2 0.0.0.0 area 0
 network 192.168.2.1 0.0.0.0 area 0
!

 

 

設定の説明

L2TPv3 の設定について説明します。

pseudowire-class pseudowire-class-name
    L2TPv3 のパラメータを定義するための pseudowwire-class を作成します。

encapsulation l2tpv3
    encapsulation は l2tpv3 を指定します。

ip local interface interface-name
    L2TPv3 パケットの送信元IPアドレスを指定します。

xconnect peer-ip-address vcid encapsulation l2tpv3 pw-class pseudowire-class-name
    peer-ip-address    対向 L2TPv3 ルータの IP アドレス
    vcid        32 bit の VC(virtual circuit)識別子。対向L2TPv3ルータと同じ値を使用する。
    pseudowire-class-name    別途作成した pseudowire-class-name を指定
 
 

動作確認

show xconnect all, show l2tp session にて L2TPv3 の tunnel が正常に張れているか確認します。
show xconnect all の XC ST, S1, S2 が UP になることを確認してください。
show l2tp session の State が est になっていることを確認してください。

L2TPv3-1#show xconnect all                   
Legend:    XC ST=Xconnect State  S1=Segment1 State  S2=Segment2 State
  UP=Up       DN=Down            AD=Admin Down      IA=Inactive
  SB=Standby  HS=Hot Standby     RV=Recovering      NH=No Hardware

XC ST  Segment 1                         S1 Segment 2                         S2
------+---------------------------------+--+---------------------------------+--
UP pri   ac Et0/1:4(Ethernet)            UP l2tp 2.2.2.2:1                    UP
L2TPv3-1#
L2TPv3-1#show l2tp session

L2TP Session Information Total tunnels 1 sessions 1

LocID      RemID      TunID      Username, Intf/      State  Last Chg Uniq ID   
                                 Vcid, Circuit                                  
3662642731 1411920963 3432293925 1, Et0/1             est    00:33:06 0         
L2TPv3-1#

 

CE-1, CE-2 間で ping を行い疎通確認をします。以下のように、同じセグメントで通信が出来ることを確認してください。

CE-1#ping 10.0.0.2
Type escape sequence to abort.
Sending 5, 100-byte ICMP Echos to 10.0.0.2, timeout is 2 seconds:
!!!!!
Success rate is 100 percent (5/5), round-trip min/avg/max = 1/1/1 ms
CE-1#

 

 

トラブルシューティング

以下のLink を参照してください。

L2TPv3 Troubleshooting Commands
 

 

関連情報

 

Getting Started

検索バーにキーワード、フレーズ、または質問を入力し、お探しのものを見つけましょう

シスコ コミュニティをいち早く使いこなしていただけるよう役立つリンクをまとめました。みなさんのジャーニーがより良いものとなるようお手伝いします