キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
cancel
13774
閲覧回数
6
いいね!
0
コメント
Hiroto Kowata
Cisco Employee
Cisco Employee

 

 

概要

  このドキュメントでは logging discriminator の基本的な設定を紹介します。
logging discriminator は logging メッセージのフィルタリングを行う機能です。特定の不要なメッセージが出力されるのを抑制したり、特定のメッセージのみ取得するようにできます。
logging メッセージは以下の形式ですが、それぞれに対して作用すようにフィルタの指定ができます。

  %(facility)-(severity)-(mnemonic): (msg-body)

 

 

設定例

ここでは例として %SYS-5-CONFIG_I をフィルタリングして表示されないようにする例を提示します。

logging discriminator FLTR1 mnemonics drops CONFIG_I
logging discriminator FLTR2 msg-body drops console

logging console discriminator FLTR1
logging monitor discriminator FLTR1
logging buffered discriminator FLTR2
logging host 192.168.0.100 discriminator FLTR2

 

 

設定の説明

logging discriminator FLTR1 mnemonics drops CONFIG_I
logging discriminator FLTR2 msg-body drops console
  
フィルタリングの対象となるメッセージを指定します。フィルタは複数設定できます。

    • FLTR1, FLTR2 : discriminator に対する名前で任意の文字列を指定します。
    • mnemonic, msg-body : logging メッセージのどの箇所をフィルタリングの対象とするか指定します。mnemonic, msg-body 以外にも、冒頭で述べたメッセージ形式に沿った指定が可能ですが、具体的には関連情報に挙げたドキュメントを参照してください。
    • drops : フィルタリングを行った結果、メッセージを無視する選択をしています。drop 以外に include が指定でき、この場合はメッセージを取り込む動作になります。
    • CONFIG_I : フィルタリング対象の文字列を指定します。正規表現が指定できます。


logging console discriminator FLTR1
logging buffered discriminator FLTR2
logging monitor discriminator FLTR1
 バッファ、コンソール、及び、telnet などの VTY ラインのターミナルでの logging に対し、上で定義したフィルタを適用しています。

logging host 192.168.0.100 discriminator FLTR2

 syslogサーバへの logging に対してフィルタを適用しています。

 


動作確認

  show logging コマンドの出力が以下のようになり、設定したフィルタリングが登録されていることを確認してください。

Router# show logging
Syslog logging: enabled (0 messages dropped, 3 messages rate-limited, 0 flushes, 0 overruns, xml disabled, filtering disabled)

Active Message Discriminator:
FLTR1    mnemonics   drops   CONFIG_I

FLTR2    msg-body    drops   console

 

 

Console logging: level debugging, 45 messages logged, xml disabled,
filtering disabled, discriminator(FLTR1),
0 messages rate-limited, 1 messages dropped-by-MD
Monitor logging: level debugging, 12 messages logged, xml disabled,
filtering disabled, discriminator(FLTR1),
0 messages rate-limited, 5 messages dropped-by-MD
Buffer logging: level debugging, 5 messages logged, xml disabled,
filtering disabled, discriminator(FLTR2),
0 messages rate-limited, 10 messages dropped-by-MD
Exception Logging: size (4096 bytes)
Count and timestamp logging messages: disabled
Persistent logging: disabled

No active filter modules.

Trap logging: level informational, 54 message lines logged
Logging to 192.168.0.100 (udp port 514, audit disabled,
link up),
1 message lines logged,
3 message lines rate-limited,
1 message lines dropped-by-MD,
xml disabled, sequence number disabled
filtering enabled, discriminator (FLTR2)

また、フィルタリングの対象となるメッセージが出力されるイベントが発生した際にメッセージが出力されない(または、される)ことを確認して下さい。

 

トラブルシューティング

  まずは必要な設定に漏れがないか確認してください。
logging discriminator コマンドで設定した、フィルタ対象となるメッセージの箇所やマッチングさせる文字列の設定に誤りがないか確認してください。

 

関連情報

Getting Started

検索バーにキーワード、フレーズ、または質問を入力し、お探しのものを見つけましょう

シスコ コミュニティをいち早く使いこなしていただけるよう役立つリンクをまとめました。みなさんのジャーニーがより良いものとなるようお手伝いします